ドイツ若者の逞しさ!!自転車でトルコへ,インドへ!家を共同で…

 

友達のおじいちゃんの誕生日パーティーで
(おじいちゃんの70歳誕生日ホームパーティー♪inドイツ)
友達のお姉さん&その彼氏と色々と話す機会があったのだけれども
そのカップルがかっこよすぎて衝撃を受けました

もちろん身なりも振る舞いもかっこいいんだけれども
とにかく色々とやっていることがかっこいい!

まず衝撃を受けたのが
自転車でドイツからトルコイスタンブールへ
同じくドイツからエストニアへ行ったこと・・・

自転車にテントや食料を積んで
ひたすらこいでこいで
国をまたいでまたいで・・・
無事完走&達成したみたいです

若者カップルが自転車でテントを担いで
ひたすら何か月も旅するなんてかっこよすぎでしょ!?

途中町と町の間が長すぎて
スーパーが全然見つけられなくて
1日リンゴ1個でしのいだなんて話もしてくれました
ほんとたくましいわ

ちなみにその彼の妹は
インドで研修(大学関係の何か?)を受けるらしいのですけれども
その研修に向けて
「ドイツから自転車で今インドに友達と向かっている」
って話してました

・・・えっ!?インド!??
インドってあのインドですか!???

さすがに彼もその妹に対して
「やつはクレイジーだ」って言ってましたけど
(自分からしたらドイツからトルコも十分クレイジーだけどね!)

20歳そこそこの女の子が
自転車でドイツからインドですよ
・・・すごいわ

 

20人ぐらい友達共同出費で家を購入&みんなで改造

友達20人ぐらい集まって
共同出費で、家(きっとアパート的なもの)を購入して
自分たちで改造しているプロジェクトも話してくれました

彼らは今、まだ大学生なので
「お金はどうしたの?」って素朴な疑問を投げかけたら
「そりゃみんな金ないから、借金だよ」って笑って話してくれました

それぞれ時間がある時にその家に来て
それぞれができる作業をしながら
ちょっとずつその「みんなの家」を作っているんですって

さすがにトイレとかの水回りの作業は
業者さんに頼むようなことは言っていたけれども
それでも、出来ることはすべて自分たちでやるって言ってました

自分たちが仲間で作り上げた家に
みんなで一緒に住む・・・って
なんかすごく素敵だなーって思いました

そんな発想、持ったこともなかったです
家は買うか借りるという選択肢しかなかったし…ね

 

自分には全くなかった発想を
バンバン楽しそうに語る彼らを見て
なんか自分、すごく小さい世界に住んでいるなーと思い
うらやましいと同時に
恥ずかしい?ような、そんな気持ちになりましたね

もっと色んな事にチャレンジしなくちゃなと
そんな風に感じた今日この頃でした

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪