南三陸:金比羅丸のホタテ収穫漁業体験に行ってきた!初めての経験にドキドキ

南三陸:金比羅丸さんホタテとり体験ツアー

南三陸の海へ!初めての漁船にドキドキです♪

今日は南三陸に移住してきた友達の紹介で、ホタテ収穫の漁業体験に行ってきました♪

このホタテ収穫体験。
南三陸旅行の1つの楽しみだったので、当日はかなりドキドキ!

天気はここのところずっと雨だったのですが、この日はなんとか雨は降らずに曇り空ということで、決行してくれてほっとしました。(良かったぁ。( ´∀`))

ホタテ収穫体験ツアーを企画してくださっているのは「金比羅丸」さん。
他にも様々な魅力的な体験ツアーを企画されていますよ♪

※金比羅丸さんのウェブサイトはこちら。
>>http://konpiramaru.main.jp/index.html

というわけで、ホタテ収穫体験ツアーです!
僕は個人で参加したのですが、最低人数が6人からということで、僕は団体さんが入っているところに混ぜてもらって参加しました。

ホタテを採りに沖に出る船はこちらです!

南三陸:金比羅丸さんでホタテ採りツアー!船

このような漁船に乗るのは初めてなので、ワクワクしちゃいましたねー!
(自分は釣りとか全然やらない(手先が不器用で糸とかすごい苦手)ので、全てが新鮮!)

今気がついたのですが、すでにカモメが船のてっぺんでスタンバイしてる。笑)

「美味しいものにありつけるぞ!」ってこと、
もうすでに知ってたんでしょうねー。

船に乗っていざ出発です!

・・・と、船に乗った時に、
団体さんの1人の方がおせんべいを配り始めました。

おせんべい:カモメにあげる

お・せ・ん・べ・い (・Д・)?
ふつーのおせんべいです。

ニコニコしながら「これで何かすごいことが起こるからー!」と、その方。

何が起こるんだろう?
とちょっと期待と不安で入りじまった気持ちでいたら、
(自分、基本ビビリなので不安の方が強かった?かもw)

そして船がちょっと港の外に出たところで、
「そろそろいいかな!」と、
そのおせんべいを海に向かって投げ始めると・・・、

南三陸のカモメたちが一気に飛び寄ってきました!!

南三陸のカモメたちが一気に飛んでくる!

遠く向こうの方からもドンドン飛んできます!

沖に向かう船のスピードに負けじと飛び、
空中でおせんべいをキャッチしていくカモメたち。

おせんべいを南三陸のカモメたちにやる

こんなに飛び交うカモメたちを見たのも初めてだったので、
面白かったです。( ´∀`)

金比羅丸さんでホタテ採りツアー

そんな感じでどんどんと船は沖に向かっていきます。

ちなみに、僕が入れてもらうことになった団体さん。
すごく気さくでいい方達でした。

話を聞いてみると、南三陸が被災をした年からずっとボランティアに来ていて、今年でもうすでに10回以上ここ南三陸に来ているのだとか。

会社のメンバーで来たのがきっかけみたいで、この金比羅丸さんともずっと繋がりがあるんだって。
(道理で慣れていると思った。せんべいなんて全く頭にないものw)

このホタテ収穫体験ツアーを終えた後は、岩手県に移動して「LIGHT UP NIPPON」という花火を打ち上げるプロジェクトのボランティアに参加するって行ってました。

この団体さんたちのお心遣いもあり、ホタテ収穫体験ツアーもとても楽しく参加することができました。
感謝感謝です。(^ω^)

※LIGHT UP NIPPONのウェブサイトはこちら。
>>https://lightupnippon.jp

そして船が沖に着いたところで、まず船長さんから南三陸のちょっとした漁業についての説明がありました。

色々と説明してくださったのですが、自分が印象に残っているのは、

南三陸の海は、海からの栄養と山からの栄養が混じり合って、豊富な栄養分が蓄えられている。

ということ。

確かに南三陸をバイクで走っていて、山の中を走っている感覚があるんですよね。
海がすぐそこにあるのに。

沖から見える景色も、

南三陸の豊富な資源!海と山!

山、山、山!

この豊富な資源が豊かな海産物を育てるんだそうです。
ますますこの南三陸が魅力的に見えてきました!

今まで発見されたこともない化石もここ南三陸で見つかったそうで、
今までの研究・生態系が一気に覆るかもしれない・・・ということもお話ししてくださいました。

南三陸スゲーーー!(・Д・)

 

いよいよホタテ収穫体験!活きたホタテを船上でいただきます

南三陸の肥沃な土地について軽く学んだ後は、
いよいよ待ちに待ったホタテ収穫体験です!( ´θ`)ノ

ホタテを養殖している場所に船を停めると、

金比羅丸さんでホタテ採り体験ツアー

ロープなどを使って養殖しているホタテを引き上げます。
(そういう漁船みたいで装置が色々とついてました。)

そしてウィーーーーーンとロープを引き上げていると・・・、

出て来ました!
養殖しているホタテたちです!!

南三陸:金比羅丸さんでホタテ採り体験ツアー

こちらのホタテたちは、一度さらに沖で養殖をして大きくなったものを、今度はこちらのネットに入れて養殖をすると言っていました。
(大体1年から2年ぐらい養殖するみたいです。)

船長さんが説明してくださっている時に、勢いよく海水を吐き出してくるホタテもいましたよ。
そりゃ活きてるんですものね!

そして、今度はこのホタテを海の上でそのまま食べてみることに!

船長さんがネットからホタテを出してくれ、そのホタテを1人ずつ実際に開けてみる体験をします。

まず、ホタテは当然のことながら閉じているので、鉄の小さなヘラを使ってホタテを開けます。

採れたてのホタテを海の上でむきます!

鉄のヘラをホタテに入れるのですが、ホタテは活きているので、貝の口をパクパクやってきます。
それに小心者の私は最初ビビりました。笑
(うう。ゴメンよ。ホタテさん。)

鉄のヘラをホタテに入れ、貝とホタテ(中身?)をまず切り離します。

むきたてのホタテ!金比羅丸:南三陸

そして今度はひも(内臓たち?)と貝柱を手で切り離していって・・・、

紐をとって貝柱だけにします!南三陸ホタテ

これで完成!!
この採れたての貝柱を船の上で贅沢にいただきました。( ´∀`)

ホタテのひもは生だと相当生臭いらしいので、船長さんに勧められ海の中にポイっと。

船の周りで待っていたカモメたち(上の写真にも写っているね)が「待ってましたぁ!!」と美味しそうに?食べておりました。

ちなみにこちらホタテのメス。

ホタテのメスは赤い!

メスはピンク色なんだそうです!

 

陸に帰って今度は贅沢ホタテとホヤのバーベキュー!

というわけで、ホタテ収穫体験を楽しんだ後は、今度は陸に戻って来て、金比羅丸さんでホタテとホヤのバーベキューです♪

採れたてのホタテをバーベキュー!

採れたてのホタテをバーベキュー♪金比羅丸:南三陸

なんて贅沢・・・。

ホタテのバーベキュー!南三陸:金比羅丸

めっちゃうまそうやー!!
南三陸の漁師さんたちはいつもこんな感じでバーベキューしてるのかな?

あ、そういえば、カフェかなっぺさんのご主人さんが、

「小さい頃からずっと魚をたくさん食べていたから、あまり魚は好きじゃなかった。」って言ってたのを思い出しました。
な、なんて贅沢・・・。
(ちなみにエビは南三陸では採れないのでご馳走扱いされていたって言ってました。面白いですよね。笑)

そしてホタテがいい感じに仕上がって来たところでホヤを投入!

ホヤも一緒にバーベキュー!金比羅丸南三陸

ホヤーーーーーー!

ホヤなんて南三陸に来る以前に食べたことあったかなぁ・・・?
ホヤは足が早い(腐りやすい)そうで、関東にはあまり来ないのかな?

ちなみにホヤってこんなやつです。

南三陸:金比羅丸さんで採れたホヤ

南三陸ではホヤも有名!
(しかし、いちばん最初に「これを食べよう!」と思った人はすごいよね。)

ホタテとホヤが十分に仕上がった頃合いをみて・・・、

最後は醤油をかけます!ホタテ・ホヤのバーベキュー

お醤油投入ーーーー!!
ほんと贅沢だわー。ホタテとホヤのバーベキューだなんて。

ホタテのバーベキュー!南三陸

南三陸の海を見ながら美味しくいただいて来ました。( ´∀`)
(ホタテがでかい!そして甘い!!)

美味しかったですー♪

以上。
金比羅丸さんのホタテ収穫体験ツアーでした。

他にも色々と企画されているので、また機会があったら参加してみたいなーと思いました♪
南三陸に移住してきた友達もいるしね。笑

※金比羅丸さんのウェブサイトはこちら。
>>http://konpiramaru.main.jp/index.html

p.s.

先日カフェかなっぺさんで昼ご飯を食べたのですが、その時にオーダーした「季節野菜とホタテの味噌クリームパスタ」には金比羅丸さんのホタテが使われていました。

南三陸カフェかなっぺ!海が望めるテラス席,地元の食材が楽しめる居心地のいいカフェ!

2017.08.10

地元の採れたてのホタテをそのままカフェで調理されて出されている。

そりゃ美味しいはずですよね!

p.s.p.s.

漁港に・・・、

ウニがいました!南三陸

ウニがいました!

金比羅丸さんの船を降りる時に発見!

カフェかなっぺの店主さんが「ウニはそこら辺で採れますよー!」と言ってたのって、ほんと文字通り”そこら辺”で採れちゃうんですねー。

でも、金比羅丸の船長さんも、かなっぺの店主さんも言っていたように、決められた日以外にウニを採ったら密漁になってしまうそうです。

ウニってこんなすぐそばに生息しているものだったんですね。
知らなかった・・・。

横浜の海にもいるのかな?ウニ?

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪