石垣島の夕日を観にミルミル本舗(ジェラート)へ,夜は明石食堂へ

ミルミル本舗からの夕日の景色:石垣島

石垣島の夕日を観に、ミルミル本舗へ!

朝から遊び倒した竹富島を後にし
(cf:離島:竹富島自転車観光!コンドイビーチ,星砂,アイヤル浜に…)
(今度来る時は、一泊のんびりするぞー!)
仕事が終わった石垣島に住んでいる友達と合流

この時すでに夕方6時だったけれども
石垣島の日没時刻は東京よりも1時間以上も遅いので
まだまだ夕日までには時間があるのです
(いいなぁー (・∀・))

というわけで
夕日を観に、友達おすすめスポット
石垣島では有名なミルミル本舗さんへ行きました

石垣島で美味しいジェラートが食べれる:ミルミル本舗さん

石垣島で美味しいジェラートが食べれる:ミルミル本舗さん

このミルミル本舗さんでは
搾りたての牛乳を使って作られたジェラートが食べれるということで
グルメ(B級?)な友達の行きつけらしく
週1回ペースで来てしまっていると言ってました

店内はとても綺麗で
ジェラートはマンゴーやシークァーサー、黒糖なんて
沖縄ならではのジェラートがたくさん♪

…ちなみに自分は

ミルミル本舗でジェラートを食べながら夕焼けを見る

ミルミル本舗でジェラートを食べながら夕焼けを見る

チョコレート&ヨーグルトと言う
無難な味にしてしまいました
(いつも「チョコにすればよかったなぁー」と後悔するので…)

ちなみにこの日は天気が悪く
残念ながら綺麗な夕焼けは見れませんでした
・・・ザンネン(。-`ω-)

ミルミル本舗からの夕日の景色:石垣島

ミルミル本舗からの夕日の景色:石垣島

でも向こう側にはドでかい西表島が見えたりと
夕日がなくても、自然の緑と石垣の海を見ているだけで
心が和みました (*´ω`*)
こんなに沢山の自然、都内じゃー見れないですから…
晴れていたらさぞ綺麗な場所なんだろうなぁーと思いました
(…友達も住んでいるし、また絶対リベンジしてやるぞ!)

 

美味しい沖縄そばを食べに、明石食堂へ!

さて、ジェラートを食べ、夕日も(雲の後ろで)沈んだ後は
夜ご飯ですね!

グルメなお友達は
「せっかくだから沖縄そばを食べに明石食堂へ行こう!」
張り切って車を走らせてくれました

ちなみに明石食堂は
石垣島の北側に位置しており
車で約40分ぐらいかかるとのこと

それでも遠くから来た我々のために
(友達ファビはスイスからだもんね w)
車を走らせてくれました
(ありがとう…友よ)

石垣島の中心部、森の中をひたすら走らせ
(結構上下左右が激しい場所もあったから、酔う人は酔うかも⁉)
ようやく明石食堂へ到着!

沖縄そばで有名な明石食堂:石垣島

沖縄そばで有名な明石食堂:石垣島

ちなみにここ明石食堂
お昼時に来たら、すごい列が出来てるんですって!

この時はすでに夜も更けていたので
並ばずに入ることが出来ました

友達は「ソーキ(軟骨)が絶対おススメ!」
「あ、でも野菜そばも美味しい!」
と言うので
野菜そばにソーキを乗せを注文

明石食堂の沖縄そば:石垣島

明石食堂の沖縄そば:石垣島

自分、お蕎麦にはそんなに興味がなかったのですけれども
この明石食堂の沖縄そば、めちゃ美味かったです!

特に上に乗っているソーキが
トロトロに柔らかくなっていてほんとに美味しい (*´ω`*)
お野菜も美味しいし、汁も美味しい♪
グルメな友達に感謝感謝です!

外国から遊びに来ていた友達ファビも
「Good!」なんていいながら、おいしそうに食べていました
よかったよかった

ちなみに余談ですが
食堂の窓に時折ヤモリが現れてきて
それをすごく珍しがった友達ファビは

ヤモリを撮る外国人の友達:石垣島

ヤモリを撮る友達ファビ

一生懸命にヤモリを写真に収めようとしていました

石垣島ではヤモリが沢山出るみたいで
石垣の友達曰く
「ゴキブリはやっつけられるけど、ヤモリは無理」
という女性が多いという話をしてました

友達は
ヤモリは平気だけど、ゴキブリは無理派で
自分も
ヤモリは平気だけど、ゴキブリは無理派
(家の中でヤモリに遭遇したことなんてないですけどね)

皆さんはどっち!?

つづく…

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪