レンタルバイクでプエルトガレラをツーリング♪サバンからホワイトビーチ,タマラオの滝まで!のどかな風景に癒される

遠くから見るタマラオの滝

プエルトガレラにせっかくきたので、レンタルバイクを借りて1日ツーリングしてみました。

レンタルバイク屋さんはいくつかあるみたいだけれども、僕は船着場から左に海沿いに歩いたところにあるバイク屋さんで借りました。

・・・というか、いつも「Japan.Filippine.good friends!!」と売り込みをかけてくるオッチャンが僕がカフェで朝ごはんを食べているといつものように売り込みにきたので、「バイク・・・」とちょっと呟いたらすぐに目の前にバイクを持ってきてくれました。笑

バイクを借りました!プエルトガレラ

バイク屋さんの人も一緒に連れてきてくれて、ご飯を食べながらその場で契約w 1日500ペソ≒1100円。

自分はメイン通りをちょっと上に登ったところにあるバイク屋さんで借りようと思っていたのだけど、まぁいいか。笑  新車って言ってたし。

というわけで、プエルトガレラ1日ツーリングへ出かけました。( ´ ▽ ` )

まずはホワイトビーチがある方面へ!こんな感じで走りました。

サバンビーチからホワイトビーチ方面へ!

最初はホワイトビーチまでのつもりだったのだけれども、結局ホワイトビーチを通り過ぎて、道の終点までバイクを走らせ続けました。

サバンビーチからプエルトガレラ中心部までの道はあまり舗装されていない部分も多くて、

プエルトガレラでツーリング!

途中には道路に穴が空いていたりで、気をつけて走らないとパンクが怖かったりしました。(夜間はちょっと走るの怖いな。)でも山中を走る感じで楽しかったですよー♪

途中の景色・プエルトガレラ

途中途中には海が見える景色があったりといい感じでした。

プエルトガレラ中心部は特に何もない感じ。

ガソリンを入れますー・プエルトガレラ

ガソリンスタンドがあったのでとりあえず補給だけはしっかりと!(1回ガソリン満タンにしておけば、とりあえず1日は余裕でしょう!)

プエルトガレラ中心部を抜けると道はしっかりと舗装されていて、

プエルトガレラ中心街を過ぎると道は舗装されてました^^

気持ち良かったですー!!

道の途中にヤギがちらほら・プエルトガレラ

途中にはヤギ氏がいたり、子ヤギ氏もいたり、かわいかったです。( ´ ▽ ` ) 牛氏もいたかな。

小さな村のようなところを通り抜けたりしながら、右手にはホワイトビーチが見えたので、ちょっとホワイトビーチに立ち寄り、

ホワイトビーチ・プエルトガレラ

特に泳ぐ気持ちもなかったので、そのままホワイトビーチを後に!

さらに奥にバイクを進めていくと、

プエルトガレラの途中の道・自然豊かー!

どんどん山の方へ向かっていき・・・、道の終点へ到着。ホワイトビーチからは10分ぐらいかな。

この道の終点のところに立派な門構え&門番付きのリゾート地があったので、

infinityというリゾート・プエルトガレラ

中が気になり・・・、「カフェだけ使えないかなー?」とお願いしたら、ゲートを開けてくれて、中に入ることができました。

ビジターで訪れました・infinity

ビジターパスというカードを手渡されて中に入ります。すごいな。

ちなみにこのリゾートはinfinity(インフィニティ)というリゾートで後でわかったのですが1泊30,000円!ヤベェ 笑

もしご興味がある方はこちらです。>>インフィニティリゾート

1泊30,000円。流石の門構えだったのですが、中に入っても高級感がありまくりでした!圧巻はこの海を眺めながらのプール!

infinityというリゾートホテル・プエルトガレラ

(西洋人とかは海で泳ぐ方が好きなイメージ。)

プールサイドにはバーとかも併設されていて、高級リゾート感満載でした。

自分はこちらのインフィニティリゾートにあったカフェを利用させてもらいました。( ´ ▽ ` ) ココナッツジュース(ヤシの実)を注文したら、

その場でヤシの実を割ってくれた!

ココナッツジュース!ぬるいwプエルトガレラ

目の前で割ってくれたヤシの実ジュース(意外とぬるい)を飲みながら、目の前に広がるプライベートビーチを眺めながら、カフェでのんびり。

一泊30,000円だけど、カフェ代だけで居座る田舎者の日本人(自分が泊まっている宿は10分の1の値段w)。しかもヤシの実ジュースは確か100円ぐらい。笑 こーゆーリゾートの使い方もいいよね♪(今度はぜひとも泊まってみたい。)

スーパーリゾート「インフィニティ」でリゾート感を楽しんだあとは、次はタマラオの滝へ行ってみることに!

道のりはこんな感じです。

再びプエルトガレラの中心部を通り抜け(中心部と言っても3分ほどで通り抜けられるけどw)、山の方へバイクを走らせます。

途中途中に小さな村があって、

のどかな景色・プエルトガレラ

そこには小さな子どもがたくさんいました!

サバンビーチは観光客が多いリゾート地だから気がつかなかったけれども、フィリピンって子どもの数多いね!家の前には子ども子ども子ども・・・子どもだらけでした。目がクリクリしててかわいいのねそれでw

さらにバイクを走らせ山道を登っていくと・・・、

遠くから見るタマラオの滝

ようやく見えましたタマラオの滝!(写真中央部に山の中にちらっと見える水しぶき・・・見えるかな?w)

タマラオの滝まではずーーっと一本道だし、滝もその一本道に面しているので、まっすぐひたすら走ればまず迷わないと思います。

タマラオの滝・プエルトガレラ

こちらタマラオの滝で御座います。特に特別感は自分の中ではありませんでした。(ゴメンなさい。)

タマラオの滝の滝壺は水が貯められるようになっていて、

タマラオの滝の滝壺で水遊び・プエルトガレラ

そちらで水遊びを楽しんでいる現地の方々もいましたよー♪

タマラオの滝のメニュー・ご飯

ちょっとしたご飯も食べれるようになっていました。( ´ ▽ ` )

ちなみにこのタマラオの滝は発電ができるようになっているみたいですね!日本人もその発電システムを作るのに協力したのだとか。

タマラオの滝は自分はそれほど感動はしなかったけれども、でも途中の道とか景色とか、バイクを走らせているだけで楽しかったです♪

帰り時間は4時ぐらいだったかな、ちょうど小学生らしき子どもたちも下校時刻だったみたいで、

子供達がめっちゃ乗ってる!プエルトガレラ

目の前を子ども達がたくさん乗ったサイドカー付きのバイクが走っていました。

このバイク・・・すごい子ども達が乗っていて、バイクの後ろに4人。サイドカーに4人。サイドカーの上に1人で合計10人ぐらい乗っていたかな?

他にも道をたくさんの子ども達が歩いていて、目があうと手を振ってくれたりと、めっちゃくちゃかわいかったです。笑

こんな感じの、

途中のビーチ・プエルトガレラ

観光客は決して来ないような手付かずのビーチとかもチラホラあって、景色も本当に綺麗でした。(・∀・)ノ

そんなこんなで5時ぐらいにはサバンビーチに帰ってきました。暗くなってしまうと、プエルトガレラ中心部ーサバンビーチへの道がちょっと怖かったのでね。

レンタルバイク、500ペソしたけれども、とっても楽しかったですよー!もしお時間があるのでしたらぜひオススメです♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪