ブレーメン旧市街(シュノーア地区)を観光、昼はおすすめタパスを

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

この日は友達&友達の家族+おばあちゃんと一緒に
車でブレーメンの町へ!

ドイツのアウトバーン(高速道路)

ドイツのアウトバーン(高速道路)

こちらはドイツの高速道路『アウトバーン』
中学か高校の歴史の時間に習った
ドイツ経済復興のために作られたアウトバーン

さすが有名になるだけあって、日本の高速道路とは違い広い広い
そしてみんな飛ばす飛ばす 笑)!!
140km/hぐらいだったらザラでしょ!?

一応制限速度はあるみたいだけど、守ってないよねみんな 笑)
(調べたら推奨速度130km/hだって ・・・ないんだ制限速度!)
(混雑区間や合流分岐点辺りでは100km/h~130km/hの制限があるみたい)

そういえば、イギリスの友達は
「車好きなやつは、車ぶっ飛ばしにドイツのアウトバーンに行く!」
って言ってた

なるほどねー (・ω・)ノ

 

ブレーメン旧市街にあるシュノーア地区は
さすがガイドブックとかでもおすすめ散歩コースになっているだけあって

なかなかかわいらしい感じでした (*´ω`*)

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

古いスタイルの家とか観るの好きなんで
歩いていて楽しかったですねー

こんなとこに住んだらどーゆー生活になるのかな
とか考えたり・・・

ブレーメン旧市街:ドイツ

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

オープンカフェなんかもあって
休日友達とかとここでビール飲んだり、お茶とかしたら楽しいだろーなーと

・・・まぁすべてかなわない妄想なんですけどね (・∀・)

きっと10歳若かったら、挑戦してたと思うけど
そんなどーでもいいような理由で実際ワーホリも行ったしね 笑)

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

ブレーメン旧市街(シュノーア地区):ドイツ

ここはメイン通り的な感じ
結構混んでたかな
それでも休日の竹下通りと比べたら100倍空いてたけれど 笑)

ブレーメン旧市街にあった大聖堂:ドイツ

ブレーメン旧市街にあった教会:ドイツ

向こう側に見えるのは聖ヨハン教会

ブレーメン旧市街にあった教会(聖ヨハン教会):ドイツ

ブレーメン旧市街にあった教会(聖ヨハン教会):ドイツ

ブレーメンでは唯一の現存する修道院教会だそう
なかなかの迫力です (・ω・)ノ

自分は中もちょっと覗いてみたかったのだけれども
みんな(他のみんなはドイツ人)興味なさげだったから断念

逆に外人さんが日本のお寺や神社を観たら
同じようになかなかの迫力だなー!って思うのかな
「わぉ!わんだふぉー!」とか言ってくれるのかな?

 

さて、散歩をしていたらお昼の時間になったので
友達ご家族がよく行くという、スペイン料理屋さんへ行くことに

まずは、お父様が勧めてくれた

サンミゲル:フィリピン?スペイン?ビール

サンミゲル:フィリピン?スペイン?ビール

サンミゲル(San miguel)で乾杯!

お父様は「スペインビール」って言ってたけれど
ネットで調べてみたら「フィリピン産のビール」っていう説もあり
・・・いったいどっちだろ?

このビール、自分好みでコクがある感じで美味しかったです♪
(自分つぎ方、下手だなぁー)

さてお次はタパス料理の登場!

スペイン料理:タパス:ブレーメンにて

スペイン料理:タパス:ブレーメンにて

これは前菜だったかな
自分は右下にある魚のすり身にレモン汁をかけて食べるやつ
これが美味しかったな

豆の煮ものもなかなかのお味
サラダもよかった!

そして・・・

スペイン料理:タパス:ブレーメンにて

スペイン料理:タパス:ブレーメンにて

メインのタパス料理が登場!

タパスの意味は「スペイン料理の様々なアペタイザー」のことなんだね
まさにそんな感じで、簡単につまめる一口料理がたくさん♪

自分はイカやエビのシーフードがひっさびさに食べれて嬉しかったです (*´ω`*)
スペイン料理はシーフードもあるからいいですよね♪

そんな感じでブレーメン旧市街観光を過ごしていきました

つづく・・・

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪