いざ世界遺産:プリトヴィツェ湖群国立公園観光!まるで別世界

木道:プリトヴィツェ国立公園

まずはザダルからバスに乗って移動、バスの車窓は…

昨日はザダルの町を半日フラフラと楽しんだのですが
(ザダル観光!シーオルガンに,ピザに,アドリア海の夕焼けに…)
今日はそのザダルの町から
世界遺産として有名な”プリトヴィツェ湖群国立公園”
バスに乗って移動することに
ザダルからプリトヴィツェまでバスで2時間、約80クーナ
宿もプリトヴィツェに取りました、2人1部屋分で234クーナ
1日でも頑張れば回れるみたいですけど、2日かけてゆっくりと観光することにしました

バスの時間は12:00だったので
その時間までちょっとザダルの町をふらふらしていると

ザダル:クロアチアの朝市

ザダルの朝市マーケット

ちょっとした広場にはマーケットが出ていました
こーゆー朝のマーケットもヨーロッパっぽい!と
ちょっと感動しちゃいました 笑)

さて、いざ世界遺産:プリトヴィツェ湖群国立公園へ!
移動途中のバスからの車窓もすごく綺麗でしたよー (*´ω`*)

バスの車窓からのクロアチアの景色

バスの車窓からの景色:湖の周りの町

途中途中に小さな町を通り抜けていくのですけれども
どの家も赤い屋根をしていて、ワクワクしちゃいました (*´ω`*)

あと思ったのが
クロアチアって意外と国土が乾燥しているんだなとも感じました
海に近い国だし日本のように木々が生い茂っているイメージだったけれども
日本みたいな深い緑!と言う感じじゃなくて
全体的に”黄緑+岩の白”なイメージでした

バスは2時間ほどでプリトヴィツェに到着
終点ではなかったので、思わず乗り過ごしそうになりました
もしバスで行くことがあれば要注意です!

まず最初に宿に行って荷物を置き
宿のオーナーさんの心意気で
プリトヴィツェ国立公園まで車で送ってもらいました
ありがとう、オーナー
…というわけで念願のプリトヴィツェです!

 

念願の【世界遺産】プリトヴィツェ湖群国立公園観光!

プリトヴィツェ国立公園は、めちゃくちゃキレイでした!
ほんとおとぎ話の世界にやってきたような感覚がありましたよ

スタート地点には向こう岸に渡る渡し船が:プリトヴィツェ国立公園

スタート地点には向こう岸に渡る渡し船が

まずは向こう岸に渡し船で移動してスタートです (・ω・)ノ

池の水もキレイ!中には魚も:プリトヴィツェ国立公園

池の水もキレイ!中には魚も

しょっぱなの湖からものすごくキレイで
テンション上がりまくりです (*´ω`*)

プリトヴィツェ国立公園には小さな木道がついていて
小さな湖がたくさんある公園内も
そこに沿ってドンドン歩いて行けました

木道:プリトヴィツェ国立公園

木道と湖たち

湖はエメラルドグリーン色をしていて木々もキレイだし
本当にどこか別世界に迷い込んでしまったかのような感覚がありました

色んな所には小さな滝:プリトヴィツェ国立公園

色んな所には小さな滝:プリトヴィツェ国立公園

天気もよくってすごく気持ちがよかったです

エメラルドグリーン色した湖たち:プリトヴィツェ国立公園

エメラルドグリーン色した湖たち

散歩が好きな方にはもちろん、別に好きじゃない方でも十分楽しめますよ

エメラルドグリーン色の湖:プリトヴィツェ国立公園

エメラルドグリーン色の湖

5月の初めに行ったので
歩くにもちょうどよかったかもです

森の中も歩いていきます:プリトヴィツェ国立公園

森の中も歩いていきます:プリトヴィツェ国立公園

こちらの緩やかな階段を上っていった先には

静かな池とベンチ:プリトヴィツェ国立公園

静かな池とベンチ:プリトヴィツェ国立公園

穏やかな池とベンチがあったので
ちょっとのんびりしました

とこんな感じでプリトヴィツェ国立公園での一日はおしまい
プリトヴィツェ国立公園から宿までは
ヒッチハイクで帰ってきました
(普段は全然やらないですけど…その時のノリで)

同じくヒッチハイクしている2人組と一緒になってヒッチハイクしていたら
1台の普通の乗用車が停まってくれて
自分たち(2人)とその2人組、合わせて4人が
後部座席にぎゅうぎゅう詰めに座るという感じで
宿がある村まで帰ってきました

宿ではお風呂(浴槽)が使えたので
浴槽にお湯を張って贅沢にもゆっくりさせてもらいました (*´ω`*)
5月初めで、宿が空いていたからできたのかも

ちなみに宿のオーナーさんがいい感じにおしゃべりな方で
「よくここらへんはクマが出るんだ、ついこないだもクマがでたけど、イタリア人カップルがビックリして声を上げるとクマの方が驚いて逃げちゃったよ」
みたいな話を色々としてくれました

たしかにこのプリトヴィツェ国立公園の周りも大自然なので
クマとか出ても不思議じゃないかもなぁー

さらに自分が日本人だと話すと
「クロサワ…8人の侍、羅生門はすごくよかった」
と話してくれ、自分が観たことないと言うと
「なぜみない?お前は日本人だろ?」
と驚いたようなガッカリしたようなご様子でした

そうなんですよね
自分日本人なのに、知らないことだらけ
こーゆー場面に出くわすたびに、もっと色々と勉強しなきゃなぁーと思う次第であります

つづく…

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪