がんばらなくでもうまくいくんじゃん?!

「がんばらないと、ダメだ!」
「がんばりどころだ!!」

この「がんばる」という言葉があんまり好きじゃありません
(昔のクセで無意識に使っちゃってるかもだけど)

つい先日友達ともちょっと話したのだけれど
「がんばらないとアカン!」
「がんばるぞー!」
と言ってると

“がんばらないとアカン自分”ができ上がっちゃうんじゃん?と

がんばらないとうまくできないの?
そんなことはないと思うんですよね
がんばらなくてもうまく行く道はいくらでもあるはず
自分がやっているアフィリエイトと言う仕事は特にそう思う

別に怠けてやるわけじゃーないのだけれども
「やるぞー!うぉぉぉおおお!」とがんばらなくても
黙々淡々とやることをやっていけば、うまくいくんじゃん?と

・・・

私は野球が大好きで
小学校から大学までずっとやっていたのですが
小さなころからずっとヘタクソで
特に花の高校野球なんて全く楽しめませんでした
いくらがんばっても全然うまくならないし
練習試合にもほとんど使ってもらえなかったし(試合に出た記憶がない)
結局3年生夏の最後の大会の背番号は18番(補欠の中の補欠)

1度は野球を止めようかなぁーとも思ったけど
(悔しいし情けないし・・・)
でも野球が諦めきれずに大学でもまた野球部に入ることにしました

自分の大学は軟式野球部しかなかったので軟式野球をしたのですが
その軟式野球部が全国大会とかに出場するようなチームで
メンバーもやっぱりみんな巧かった

エースは県選抜投手だったし
甲子園出場校でもまれた選手もたくさんいた

そんなメンバーの中
普通の公立高校でも練習試合にすら出れなかった自分…

ただ、不思議なことが起こりまして
とある日の部活中に
「あれ?自分イケるんじゃん?」
とひょんなことから感じることがあって
そのちょっとしたきっかけで“自分は巧い!”というイメージをつかんだのです

そしたら不思議とあれよあれよという間に練習で打てるようになって
試合でもヒットを量産できるようになり
最終的にはリーグ戦で1番打てた(首位打者のタイトルを獲得した)ことがあります

超ドヘタだった自分がトロフィーまで貰っちゃって
これはホント不思議な感覚でした

軟式野球で小さなリーグだったけど
それでも大学でまで部活をやる連中だったのでみんな巧いし
(高校時代の自分なら確実に自分はベンチ)
それなりにしっかりしたリーグだったので
この経験はめちゃくちゃ嬉しかった

でもこれと言って、別に“がんばった”という記憶が全くないんですよね
確かに全体練習の後に居残り練習は毎日やったけれど
すごく楽しく練習していたのを覚えています

・・・

で、話を今の自分の仕事=アフィリエイトに戻すと
別にがんばらなくてもイケるんじゃん?と
稼げると思えば稼げるんじゃん?

野球をやっていた時
自分はヘタクソというイメージをずっと持っていて
結局それ通りの結果を受けていました

でも自分はイケると思った大学時代
ホントにバンバン打てるようになって
野球も更にドンドン好きにのめり込んでいって
結局首位打者(リーグでトップ)を取っちゃいました

イメージってすごく大事&強烈だと思います

がんばらんとアカンと思うと
がんばらんとアカン自分ができ上がっちゃうんじゃん?と

今自分は毎日100万円を稼いでて
(cf:私は100万円毎日稼いでます:自分へのアファメーション&備忘録)
昨日数えたら1600万円になってました

今は自分は100万円稼いでます
100万円の束に囲まれて寝てるからね
(1600万円だから、囲まれてる感はないか w)
(1600万円の束って意外と少ない)

ちなみに現在
アフィリエイト収入は全盛期の半分以下になり
先月はとうとう月収入で10万円を切ってました

でも余裕だと思ってます
100万円毎日稼いでるし
イケるでしょ (*´ω`*)

この日記を
毎日100万円作ってたなぁーと笑って見返す日もイメージできました♪
また報告聞いてくれたら嬉しいです (*´ω`*)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪