パムッカレ③夜行バスでいざイスタンブールへ

トルコ最後の長距離バスは信頼のメトロ社

パムッカレとヒエラポリス巡りも終了したので
今日は夜行バスでイスタンブールへ旅立つことに・・・

石灰棚の夕焼けも見たかったけれど(めちゃキレイらしい!)
日程上の都合もあって・・・断念 (´・ω・`)

パムッカレは他の友達も言っていたけれど
たしかに1日あれば十分に廻ってこれちゃいますね

その友達は時間がないってことで
飛行機でのイスタンブールからの日帰り Σ(・ω・ノ)ノ!したって行ってたけれど

それもすごい!

 

 

ホステルで休んだ後
夜行バスに乗りに、まずはパムッカレ村のチケット売り場へ

余談だけれど、ここに来る途中おもろい看板を見つけました

パムッカレ村で見つけた看板

パムッカレ村で見つけた看板

吉野家の牛丼よりも美味い牛丼!
12YTL≒600円

その右隣には辛ラーメン
9YTL≒450円

やっぱりずっと旅している人たちにとって、祖国の味は恋しくなりますもんね

辛ラーメン7TYL≒350円

辛ラーメン7TYL≒350円

ちなみにこのハングルの看板も辛ラーメン 7TYL≒350円

自分ワーキングホリデー中に韓国の友達がたくさんできたのですけれど
韓国のみんなは祖国の食べ物、めっちゃ愛してますよね

辛ラーメンが遠くトルコのカッパドキアで破格の値段で売られてても
商売が成り立つを見て

あーーーーーーーなるほど!と
ちょっとしたあは体験でした

 

 

さて、無事夜行バスのチケットも取り
まずはセルヴィス(ワゴン車)で近くの町、デニズリへ

このセルヴィスの中で、韓国人2人組とちょっと仲良くなるんですけれど
その1人の荷物が超少ない・・・ (。´・ω・)?

聞いてみると
なにやら、バスに乗った時に、バックパックを丸ごと盗まれてしまった(゚Д゚) とのこと

バスに乗るときは、大抵でかい荷物はバスの下のトランクに入れておくのだけれど
トランクに入れて、バスの中に入っている間に、盗まれたらしい・・・

・・・そんなこともあるんだ
超かわいそう・・・

服とかだけじゃなくて、今まで撮った写真のメモリとか
買っていた、お土産とかも盗まれてしまった (。-`ω-)

彼はデニズリに着くなり、警察にも行って、そこでも届けを出していました
きっと戻ってこないだろうけど一応といった感じで・・・

自分も気をつけよう

 

 

デニズリに着いてから
イスタンブール行きの夜行バスに乗り換えるまで時間があったので

まずは腹ごしらえ

デニズリのケバブ屋さん

デニズリのケバブ屋さん

バスターミナル(オドガル)の目の前にあったケバブ屋さんで
安くてどこでもおいしい、安定のチキンケバブを頼むことに

チキンケバブ、トルコの節約ごはん

チキンケバブ、トルコの節約ごはん

チキンケバブはほんとにどこでもおいしいし
安いから、超重宝ですね!(5YTL≒250円)

 

ご飯も食べて、夜行バス出発の時間になったので
バス乗り場へ

トルコ最後の長距離バスは信頼のメトロ社

トルコ最後の長距離バスは信頼のメトロ社

トルコ旅行最後の長距離バスは
信頼と実績のメトロ社です

あの韓国人2人組の話を聞いたすぐ後だったので
出発まで、バスの外で自分の荷物が盗まれないようにチェックする自分・・・

 

無事、怪しい人物もおらず
バスはイスタンブールに向けて出発!約10時間の長旅です

途中、サービスエリア的なところでトイレ休憩をはさみながらも
バス車内で爆睡し・・・(-_-)゜zzz…

朝、なんとなく目を覚ますと

明け方のバスからのイスタンブール

明け方のバスからのイスタンブール

そこにはイスタンブールの景色が待っていました

本日の出費(1YTL≒50円)
・夜行バス パムッカレ→イスタンブール 64YTL
・石灰棚&ヒエラポリス入場料 25YTL
・パムッカレ温泉 32YTL
・昼飯(サンドイッチ) 5YTL
・アイスチョコ 3YTL
・夜メシ(ドネルケバブ) 5YTL

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪