オリンポス2日目!ビーチ&ツリーハウスでのんびり

オリンポスのビーチに行く途中の道

朝、めっちゃドでかいコケコッコー!の鳴き声で目が覚め
外に出てみると

昨日真っ暗だったので、気づかなかったけれど
(オリンポスに着いたのが、もう日没後だったので)

オリンポスのツリーハウスの朝の光景

オリンポスのツリーハウスの朝の光景

木々に囲まれた、ナイスな景色が (*´ω`*)

いいねーここ、いっぱつで気に入っちゃいました☆
昨日の夜は、ほんと全然気づかなかったなー

そしてコケコッコーの正体たちも

ツリーハウスにいた鶏たち

ツリーハウスにいた鶏たち

おはようございます!

なんであんなドでかい鳴き声で聞こえてくるのかが、納得です
彼ら、このツリーハウスの宿敷地内を放し飼いですから

そら、木の壁のすぐウラで鳴かれたら
あんなドでかい音になりますわーね

しかもこの写真にはちょろっとしか写ってないけれど
実際は10羽以上いたからねー

お父さん?お母さん?鳥に、小さい子どもたちがたくさん!
ピヨピヨくっついて歩く姿は癒されます (●´ω`●)

 

そんなこんなでゆっくり目を覚ました後は
お待ちかねの朝食です!

自分旅行中、観光もそうだけれど
ごはんもかなりのウエートを占めて楽しみなんですよね☆

 

オリンポスで食べた朝食

オリンポスで食べた朝食

ちなみに、ここオリンポスの朝食が一番豪華だった!

ビュッフェ形式になっていて、どれも選び放題の食べ放題だったし
その場で焼いてくれるオムレツが一個ついてくるし

この食事の後に、デザートとして
スイカも食べれちゃうし!!

さすがリゾート地のホステルだけあるわー
それでも朝、夜食込で1泊1700円ぐらいなんだけどね (^^♪
貧乏旅行者にはサイコーです

 

さて朝食に満足した後は
近くにあるビーチに行ってみることに

オリンポス、ビーチに向かう途中の道

オリンポス、ビーチに向かう途中の道

ここの地域はほんとリゾートエリアになっているみたいで
この写真でいう左側にはずーっとホステルやレストランが連なってました

オリンポスのビーチに行く途中の道

オリンポスのビーチに行く途中の道

このオリンポスのビーチに行く途中には
遺跡も何気にゴロゴロと・・・

あ、ちなみにこのビーチは、ウミガメが卵を産卵しにくるビーチらしく
この地域の人々がウミガメを保護しており

夜~明け方早い時間までは入場禁止になってました
入場料もあり 5YTL≒250円

オリンポスのビーチ

オリンポスのビーチ

海の水、写真ではあまりわからないけれど
日本の東京とかにある海よりも、もっとエメラルドブルーっていうのかな?

キレイでしたよー

あと、日本の海と違って、人が断然少ない!
ほんとのんびりできました

 

 

ビーチから帰ってきた後は

ツリーハウスで夜ご飯までのんびりすることに

ツリーハウスで夜ご飯までのんびりすることに

ツリーハウスで夜ご飯ができるまでのんびりすることに

ビール片手に、木漏れ日とビーチからのそよ風を楽しみながら
お気に入りの本でも読みながら、友達とくっちゃべりながら、のんびーり

・・・サイコー (*´ω`*)

トルコに来たら、絶対地中海沿いのいい感じの町、村に行って、のんびりする!って決めてたから
夢?叶ってかなり幸せ☆

エジプトのダハプをちょっと思い出しました
あれもよかったなー

 

 

そんなこんなで、のんびり過ごしてても時間は過ぎるもので
夜メシタイム!

オリンポスの夜ご飯

オリンポスの夜ご飯

オリンポスの夜ご飯

トルコ料理にはよくヨーグルトソースが使われてるのだけれど
このソースと野菜と、肉と、ごはん

このコンビネーションにハマっちゃいました

トルコ料理にはごはんがよく出てくるから
米好きの日本人にはありがたいですよね♪

ちなみに、この夜ご飯食べながら
アリが将来の夢、アリが45歳になった時に

キャンピングカーを一台買って、世界を旅する

語ってくれました

今は毎日毎日、バックパッカーズホステルのオーナーとして
家族のために働いているけれど

お金を貯めて、いつか(きっと45歳になったとき)旅に出るんだって!
いいよねー ぜひ叶えてもらえたいです!

 

 

夜ごはんを楽しんだ後は
ナイトツアーに出かけることに

なんでもここオリンポスには「消えない火」がある聖なる山があるらしく
その火を拝みに行こうというツアー

ここのオリンポスの宿から、まずお迎えのワゴン車に乗って
約45分

その聖なる山のふもとに到着!

そこからさらに、聖なる火を目指してひたすら上ること約20分
ようやくご対面できました、聖なる火!!

岩の割れ目から燃え盛る、オリンポスの聖なる火

岩の割れ目から燃え盛る、オリンポスの聖なる火

ようやく会えたよー!
遠かったよここまで

ちなみに友達3人で行ったのだけれど
1人は風邪気味で、1人は登山途中に足のマメがつぶれ

「なんで参加したんだろ・・・(´・ω・`)  早く帰って寝たい・・・」

と言いながら登ってました
・・・自分もぶっちゃけ、途中そう思った・・・

だって遠いんだもん

しかも登山路は当然ながら真っ暗!
もちろんハンドライトは渡されたけれど
完全に舗装されているわけじゃないから、結構危なかったりします

ちなみに、他の旅行客で、ハンドライト持ってないおじちゃんが
暗かったからわからなかったみたいで、道からそれて、一回足滑らせて、下まで落ちそうになってた・・・

もし個人的に行くならハンドライトは必須です!

あ、逆に登山路が真っ暗ってことで
上に輝く星々は綺麗でしたよ!!

真っ暗な山を歩くのって、小学校の修学旅行以来だから
それはそれでおもしろかった・・・かな

そんなこんななのんびりすごした(夜はちょいとハードだったけど)オリンポス2日目でした

今日の出費(1YTL≒50円)
・宿 35YTL(朝、夜ごはん込)
・ビーチ 5YTL
・ナイトツアー 25YTL

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪