カッパドキア2日目!③バイクでギョレメウチヒサル城へ!

ウチヒサル城の外観

オルタヒサル見学&ランチで休んだ後は
いざウチヒサル城へ!

ウチヒサル城へ行く途中
ハイキングコースになっている、ナントカ(名前忘れた)バレー

の写真を撮りながら
バイクで進んでいきます

ウチヒサルに行く途中にあった何とかバレー

ウチヒサルに行く途中にあった何とかバレー

この写真の向こう側、地平線にポコッと見えるのが
ウチヒサル城ですね!

結局オルタヒサルからは30分ぐらいかかったかな?
あ、自分はビビりながら運転したので
車とかだったら、もっと早いと思いますよ!

ウチヒサルの外観

ウチヒサルの外観

そんなこんなで
着きました、ウチヒサル城!

こちらはオルタヒサルよりも、2倍ぐらい大きかったかな?

ウチヒサル城の周りには

ウチヒサルの周りにあった家々

ウチヒサル城の周りにあった家々

とがった岩の家々がありました

ほとんどの岩にはもう人が住んでいませんでしたが
中にはまだ、人が暮らしているものも

ここの景色も動画でちょろっと撮ってみました

ウチヒサル城もそうだけれど
あの岩々の中に人が住んでいた(住んでる)と思うと
なんかロマン?感じちゃいます (・ω・)

 

あ、ちなみに、ここらへんを見学しているときに
すてきな日本人カップルに出会いました

お二人で世界一周旅行をしているみたいで
お金がなくなったときは、カナダでワーホリをしてお金を貯めながら・・・
たくましい!

もうすぐ日本に帰国されるみたいですけれど

いいなーと
かっこいいなーと

カップルで世界一周されている方に初めて会ったので
ちょっと興奮しちゃいましたね (・∀・)

さて、何やら飾り付けされた木がありました

ウチヒサルの前にあった木

ウチヒサルの前にあった木

この目のような飾り、トルコ中で見るけれど
何やら幸運を呼ぶもの・・・らしいです

きれいだったので撮ってみました☆

 

 

てなわけで、ウチヒサル城に登ることに!(友達は疲れていたので下で待つことに)
(6YTL≒300円   ・・・オルタヒサルの3倍⁉  ・・・差別やん! 笑))

ウチヒサル城の内部はオルタヒサルと比べると
かなりこぎれいな感じ

ウチヒサルの内部

ウチヒサルの内部

歩きやすいように舗装されていたし
ライトもいろんなところについていて

オルタヒサルと比べると
しっかり力入れて、手入れしてます感?がありました
・・・差別やん!

でも自分はそこまで特に手入れしてない、オルタヒサルの方がいいかな

なんだろ、この感じ・・・名古屋城だったっけかな?
城の中にエレベーターがあって興ざめしたんですよね
・・・そんな感じかな?

 

そんなこんなで頂上に到着!
だいたい10分ぐらい?かな、あっという間に行けました

ウチヒサルの頂上から見た景色

ウチヒサルの頂上から見た景色

ウチヒサル城の頂上から見た景色はこんな感じ

ウチヒサルの頂上から撮った写真

ウチヒサルの頂上から撮った写真

うーん写真じゃあんまり伝わらないけれど

特に、周りに視界を遮る建物とかがないから
先まで見えて、カッパドキアのいろいろな谷も見えるし

地球の丸さも感じられて、まぁ、よかったかな

ちなみに自分がウチヒサル城に登っている間
下で待っていた友達は、地元の方に声をかけられ、家に招待されたみたいで

岩の家の中で、チャイをごちそうになってきたそうな・・・
いいないいなー(・ω・)

岩の家 inカッパドキア

岩の家 inカッパドキア

たぶんこのどれかの岩の家
これらの岩の中に、家を作って住んでるんですもんね
・・・すごい (・ω・)ノ

ちなみに、ウチヒサル城見学か、お家見学
ぶっちゃけどっちか選べって言われたら

そっち(お家見学)選びますわ自分!!

そんなこんなでウチヒサル城を後にし
次はギョレメパノラマ

続く・・・

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪