サフランボル①到着!まずは土曜バザール(マーケット)へ

にんにくいっぱいの車:サフランボル

無事長距離バスに乗ることができ(おっちゃんほんとにありがとう!)
途中休憩を入れつつ走ること約6時間

目を開けるとそこは・・・

トルコの自然の景色

トルコの自然の景色

朝日とトルコの美しい大自然が目の前に広がってました!

イスタンブールのゴミゴミしたところに4日間いただけあって
これはテンション上がる上がる!!

 

朝7時ぐらいにオドガル(長距離バスターミナル)に到着
・・・でもここからサフランボルの村に行くまでには歩いたら1時間以上かかる模様
バックパック背負ってのそれはさすがにダルい、しかも寝起きだし (。-`ω-)

セルヴィス(無料バス)もあったのかな?
でも寝起きだったから全く気付かず・・・

途方にくれてたら、タクシーのおっちゃんらがこっちに来て
「村に行くにはタクシーしかないよ。15YTL」と言ってくる

イスタンブールからここまで50YTLなのに
ここから村まで15YTLはないでしょ!?

なんかシャクなので
やっぱり歩いていこうかな・・・

と、そこらへんにいる人に、サフランボルの方向と何分ぐらいかかるか聞いてみたら
その人が

「俺が連れて行ってやる、ついてこい」

・・・へっΣ(・ω・ノ)ノ! マジですか!?

そのお兄さんに着いていったら、裏に車が置いてあって
本当にサフランボルの村まで、車で送ってくれました

・・・ほんとうにありがとう

イスタンブールでかなりトルコ人不審に陥ったけれど
昨日のおっちゃんといい、この兄さんといい

トルコ人、超優しいじゃん!!(●´ω`●)

 

さて、サフランボルの村の中心に着いて、まずは荷物も置きたいし
宿に向かって歩いていくことに

朝のサフランボル

朝のサフランボル

朝一ってことで、さすがに誰も歩いていない・・・
宿に行って、入ることできるかなぁ

とちょっと不安を抱えながら宿に着いたら
ちょうど同じように夜行バスで来た韓国人とマレーシア人の旅行者たちが
よかったよかった(●´ω`●)

宿で働いているおばちゃんも混じって一緒に話していると
そのおばちゃん曰く、土曜日に行われる週一回のマーケットは朝10時まで・・・と (。´・ω・)?!?
(ちなみにおばちゃんは、全く英語が話せなかった)
(後でわかったのだけれど、10時までじゃなくて、10時から・・・きっとそう)

それなら急がなきゃ!

と荷物を置かせてもらって
朝のバザール(マーケット)にみんなで行くことに

サフランボル、土曜マーケット

サフランボル、土曜バザール(マーケット)

バザール(マーケット)に着くと・・・
あれ?なんか小さい?
こんなもんなんですか?
まだみんな準備中な気もしないでもないけど・・・

まぁいいか

みんなでグレープやらプラムやらのフルーツをテキトーに買って
食べ歩きしながら村をふらつくことに♪

にんにくいっぱいの車

にんにくいっぱいの車

バザール(マーケット)にあったこの車はにんにくでいっぱい!
かるくデコレーションもされててかわいい感じ(・ω・)

てなわけで、バザール(マーケット)会場を後に
サフランボル巡りへGO (・ω・)ノ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪