バックパックウェディング(BackPack Wedding)の出版イベントに行ってきた

バックパックウェディングの出版記念ライブに行って来た

バックパックウェディング(BackPack Wedding)の出版記念トークイベントに参加してきました!

自分はこのお二人のことをあまり知らなかったのですが(本当にスミマセンでした…)友達に誘われて参加して、一発で大ファンになってしまいました!

まず男の人:マサキさんが超カッコいい!
彼女さん今では奥様が大好きで、その子を笑顔にすることをご自身の生きがいに感じ、そのことを少しの恥じらいもなく、公衆の面前で嬉しそうに話す姿がすごくステキでした。

そして、彼女さんを喜ばすために始めたバックパックウェディング。…ちょっとカッコよすぎじゃないですか!

大切な人:ユキさんも、とても可愛らしいんです。

カップルとかるみると、いつもはただただジェラシーな気持ちが湧いてくるんですけど、このお二人からは、それ以上になんか色々といいエネルギーや生きるアイディア?をもらってきました ^ ^

…まぁめっちゃくちゃうらやましいんですけどね。笑)

でもホント素敵でした!行って良かったです。 (*´ω`*)

色々ともらった考え方やエネルギー、忘れないうちにメモメモです。

 

ウエディングドレスは通販で4000円⁈お金がなくてもなんとかなる

バックパックウェディング:BackPackWedding

お二人が撮られた写真をみてて、すごくウエディングドレスとかステキだなーと感じてたのですけど、実は通販で4000円程度で買ったものなんですって!
しかも1番最初に買ったものは古着屋のドレス。 笑)

お金がないからどーしよーと思ってた時に、友達から古着屋でウエディングドレスが買えることを聞いて、それなら!とすぐ古着屋さんに行ったそうです。・・・この行動力スゴイ!ワクワクが止まらない感じだったのかな♪

出版費用200万もクラウドサービスで支援者を募ってお金を捻出したんだそう。すごいよね!

何かを始めるとき、お金の問題が上がるけど、本当に成し遂げたかったら自分次第でどうにかなるんだなーと教えられました。 :)

 

写真は自撮り、お互いシロウト。経験がなくてもなんとかなる

 

撮ってきた写真はほとんど10秒タイマーの自撮りなんですって!
カメラマン雇うお金もないし、それならば自撮りでと。
しかもお互いカメラはシロウト。

何度も何度も納得いくまで撮り直して、100枚近く撮り直したこともあるそう。
ちょっとカメラの角度を変えたり、構図を変えたりしながら究極の1枚を作ってきたんだって。

こだわることがとにかく大事って言ってました。

 

アイディアは最初はパクり⁈ オリジナリティーがなくてもなんとかなる

 

カッコいい&ステキな写真が色々撮られてて、すごくセンスのある人たちなんだろーなーと思ってたのですけど、実はほどんどのアイディアはパクリなんですって笑
これめっちゃ笑えました。

グーグルで「ウェディング 写真」とかで検索して出てきたいい感じの写真をスマホに保存しておいて、それを元に色んな写真を撮っていったそうです。

このイベントでもグーグルで見つけて参考にされた写真を発表してたのですけど、確かにどれも似てる。 笑)

でも、何度もマネをしているうちに、ドンドンとアイディアが頭の中に蓄積されていって、パクらなくても自分たちの写真が撮れるようになっていったんだって。

マネからでも積み重ねることでちゃんとオリジナルの作品を作り上げていったのがすごいですよね。

最初はマネからでもいいんだ!

 

そもそも好きで勝手に始めたこと。それを突き詰めていった結果…

バックパックウェディング:BackPackWedding

これ、究極ですよね!

このバックパッカーズウエディングって、別に最初はお金を稼ごうとか、本を出してやろうとか考えて始めたわけじゃなくって、ただやりたいからはじめたんですよね。
ゲストの高橋歩さんがこれがスゲーって言ってました。

…たしかに!

元々は さんが彼女の さんを喜ばしたいがために始めて、2人で楽しみながらケンカもたくさんしたみたいですけど、やっていったことが、こうやってみんなに喜ばれるようになったんですよね。

やりたいことを純粋に楽しみながらトコトンやりぬくことって、すごいパワーを持っているんだなと、強く教えられました。

ちなみに楽しいことをやりつづけるパワーとして、歩さんはネガティヴな感情は普段からあんまりわかない、それ以上に楽しいことをやり続けてるから、そんな枠がアタマの中にないって言ってた。

これもスゴイ!

何だか最近うまくいかないこととか、モヤモヤすることとかあるけど、

なんかもっとワクワク生きていこう!
もっと彼らのようにシンプルなアタマを持って生きていこう!
やりたいことをやりぬきながら生きていこう!

そんな風に刺激をもらいました。

今何がやりたいのかなー・・・。

見つからなくて、ずっと焦ってたりもするけど、焦る必要もないとも言ってました。
焦らず、でもアンテナ張りつつ、前へ進んでいこー!

バックパックウェディング:BackPackWedding

本当にたくさんの勇気をもらいました。

ありがとうございました。(*´ω`*)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪