行きたいと思った時がチャンス?!超無理日程をこなしてマラッカから大阪に行ってみた!自分の幅が広がった3日間

飛行機でマラッカから東京羽田に帰ります

無理な日程だと思ったけれど、思い切って行ってきました大阪での勉強会!!

16日に僕の大好きな方々が主催する勉強会が大阪でありました。
ただ、その勉強会の日程が発表された時に、すでに僕は15日、22:30羽田(東京)着の飛行機の便を予約していました。

僕が予約していたチケットは予定変更のできないエアアジア・・・、大阪にそのまま飛べたらいいけど、新しくチケット買うと日程ギリギリだからやたら高いし・・・。

でも15日深夜に横浜に帰宅して、次の日大阪ってどうなの?
勉強会に行って勉強できるの?

・・・とちょっと思い悩んだのですが、

海外に出て自由に生きている色んな方に会った影響からかな「やっぱり行くしかないでしょう!」とマラッカから帰国して、そのまま大阪に行くことにしました。

今までの自分だったら行ってなかったと思います。日程的にもそうだし、会に参加するのってそもそもちょっと苦手だし。

でも海外で自由に生きている人たちのいい影響を受け、それに背中を押され、行ってみることにしました!

ただこの日程、なかなかなハードスケジュールでした。

15日
7:30 マラッカのゲストハウス発
8:00 マラッカの長距離バスでクアラルンプール国際空港へ
14:30 クアラルンプール国際空港発
22:30 羽田空港着

16日
2:00 横浜の自宅に帰宅(※入国検査で捕まり終電を乗り過ごしたため)
5:50 自宅発(自宅ではほぼ寝れず…)
7:10 新横浜駅(新幹線)
9:40 新大阪駅着
10:30 同じノマドの友達と合流&ノマド作業
13:00 勉強会開始
23:20 解散
24:00 ホテル着

17日
12:00 ホテル発
14:00 同じノマドの友達と合流&ノマド作業
19:30 新大阪駅(新幹線)
22:10 新横浜駅着
23:10 自宅到着

そして今、この日記を書きながら、マラッカ-横浜-大阪-横浜となかなかの3日間だったなぁーと振り返っております。半そで半パンOKな国からいきなり冬の国に帰ってきてだからね。 笑)

でも気持ちが張っているのかな?それともすごく楽しかったからかな?不思議と疲れてなくて、なんか気持ちが心地いい感じで溢れています。

勉強会もものすごくためになりました。新しい知識も増えましたし、自分に足りないこともガツンと感じました。
(「あくびしてましたよね?」ともツッコまれましたけど、そこは許してくださいね。 笑))

そして何より、大好きな方たちに会えたのが最高に嬉しかった!マラッカは孤独でしたから興奮のあまり「会いたかったよー」を連呼してしまいました。

・・・。

今回こうして、1泊3日のマラッカ-横浜-大阪-横浜を経験したことで、これから同じような日程が起こっても「あ、何とかなるんじゃん?」ときっと思えるようになったし、(僕が勝手に無理だと思っていただけで、この日程平然とこなしている人もいっぱいいるはずだしね。)

「行きたいと思ったら行くでしょう!」というマインドが少しはできたかなとも思います。

あの時、行く!と決断してよかった。本当によかった (*´ω`*)
行ってなかったら絶対後悔していたもの。

さらにもっとそう思えるように、勉強会で感じたことや習ったことを、行動していくのみですね!

ちなみに明日は東京です。

東京が終わったら、ちょっと身体を休めてあげようと思います・・・。でも作業はしますよーーーー!!!

p.s.

日本に帰国した時、入国審査で思いっきり引っかかり、個室に連れていかれました。
何故なのかわかりませんが、麻薬探知犬が僕のバックから麻薬のにおいがしたらしいです。

そこでは軽い取り調べがあったのですが、思いっきり疑われました。

警察官「タイとマレーシアにどのくらい行かれていたのですか?」
僕「タイは2か月、マレーシアは半月です。」
警察官「2か月…?タイで2か月も何をしていたのですか?」
僕「ノマド作業をしていました。ウェブサイトを作って生計をたてています。」
警察官「わざわざタイに行く必要はないでしょう?」
僕「同じ仲間がいて、みんなで集まって作業をしていました。」
警察官「仲間・・・?何の仲間ですか?なぜタイで集まる必要があるのですか?」
僕「・・・なぜって・・・あ、家賃が安いんです。」
警察官「仲間の中で麻薬をやっている人はいましたか?」
僕「いや・・・いませんケド・・・。」

・・・。

警察官「マレーシアにも仲間と一緒に行ったのですか?」
僕「いや・・・僕1人で・・・。」
警察官「なぜ1人で行かれたのですか?仲間たちはどうしたのですか?」
僕「いや・・・それぞれライフスタイルがあって・・・。」
警察官「それならなぜタイで集まったのですか?」
僕「・・・。」
警察官「・・・。」

全然話が合わず、めっちゃくちゃ疑われました 笑)

しかも僕はこの時、個室に連れてかれ、警察官3人に色々と調べられていたので、ドキドキ状態。ズボン下ろされパンツにまでされましたけど?!

「ノマド」とか「仲間」とか「ライフスタイル」とか言わなければそんなに疑われなかったのだろうけど、元々喋るのも得意じゃないし、人見知りだし、口から出てきた言葉がそんな言葉だったから、もう疑われた怪しまれた。 笑)

そして荷物のすべてをチェックされ、解放されたときにはすでに深夜12時過ぎ、見事終電を逃し、帰宅は深夜2時となってしまいました。

フリーランスで仕事をしているだけに、こーゆー時の対処法って、考えておいた方がいいなぁと感じた今日この頃でした。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪