フト思い出した世界一周旅行の約束:海外ノマド挑戦の1つのきっかけ

世界一周旅行に行きたかった…けど

もう昔のことだから別にいいのだけれども
ここタイ.チェンマイで生活をしていてたまにフト思い出し
なんか切ない気持ち?になるので
ちょっと箇条書き程度に書いてみます

これを何年後かに自分が読んで
どう思うのか、自分は夢を達成しているかどうか
書き残してみたいと思いました

 

昔、自分には外国人の彼女さんがいました
イギリスのワーホリ中で出会った女性です
その彼女さんも旅行が好きな方で、一緒に世界一周をしようと約束をしました

プランとしては
自分はもうその時すでに30歳オーバーだったので
彼女さんがワーキングホリデービザを取得し日本に来て
一緒に働きながらお金を貯め、そのお金で世界一周をしようというもの

まぁ自分にとってかなり都合のいい約束なのですが… 笑)

それでも彼女さんはそれでOKと
自然豊かな美しい場所で一緒に住み込みバイトでもしながらお金を貯めて
1年後には世界一周に出かけよう!と
そんな夢がありました

 

ただ、彼女さんが自国に帰った後
自体は一変しました

彼女さんの考えが、自国に帰った後ガラッと変わったのです
「そんな世界一周なんてしている場合ではない」
「自国の現実的な生活を見て考えが変わった」

「ちゃんと社会人になって働かなきゃダメだ」

ワーホリ中の自由な生活と、自国の生活とではかなり差がありますものね
自国の現実的な生活を見て、自分もそういう気持ちになる事には同感できます
(何を持って”現実”というのかは自分は今もよくわかりません)
(自分にとっては旅行もワーホリも日本の生活もすべて”現実”だと思うので…)

その後世界一周の約束はひとまず置いておき
遠距離恋愛を続けたのですが
結局別れてしまいました

 

何も言えなかった自分、力が欲しかった

彼女さんが自国に帰り
「そんな世界一周なんてしている場合ではない」
「ちゃんと社会人になって働かなきゃダメだ」
と急に考え方が変わった時に

自分は何も言えませんでした

「急に何で?夢も大事じゃないの?」
「約束は…?」
とは言ったものの
彼女さんの気持ちもよくわかります

その時ワーホリ帰りだった自分にもパートタイムでしか仕事がなかったし
口だけでしか夢を語ることができなかったのですよね

夢を追いかけることは大事なことだ

とは言ったものの
それを説得するだけの力がありませんでした

ただただ悔しかったです

 

海外ノマドで稼ぎながら生活することが出来たら…

そんなことがあった後
自分は日本で仕事を見つけて働きました

ただどこかでずっと引っかかってました
あの時彼女さんが見た”現実”って何だろう?

自分に力があったら
もっと色々と方法があったと思います
でも何もできませんでした

 

そんなことでずっとモヤモヤと生活をしていたある時
海外でPCで仕事をしながら旅をしている人たちの存在を知りました

PCで仕事をしながら
旅も続ける

これはすごい

もしこの力を自分につけることができたら
あの時の答えを出すことが出来るかもしれない
そう思いました

“現実”をつかむことができる…

あの時”夢”でしか語れなかったことを
“現実”にすることができる

 

というわけで
今のタイ,チェンマイでの海外ノマド生活挑戦に至ります

海外生活をしながらPCで仕事をする

これがどんなものなのか
体感してみたかったものもあります

他にも理由は色々とありますけど
もしノマド生活を通して自分でちゃんと満足にお金を稼ぐことが出来るようになれば
長いことずっとモヤモヤしていたことに答えが出せそうです

自分はかなり怠け者な人間なので
ノマド作業に対してすぐにやる気がなくなってしまいます

でもあの時の悔しかった気持ちを思い出せば
夢じゃなく現実としてつかむために、ノマド作業を頑張るしかないですよね!
自分への備忘録でした

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪