チェンマイ:ソンテウの乗り方,相場は? ぼられた友達は…

ソンテウinチェンマイ:乗合タクシー

チェンマイのソンテウ:乗り方,相場は…?

チェンマイの街中をびゅんびゅん走っているソンテウ(乗合タクシー)
これに乗れば一気に行動範囲が広がります!

チェンマイ:ソンテウ:移動の力強い味方!

ちなみに乗り方は意外と簡単
1.手を上げてソンテウを止める
2.行きたい場所をドライバーに告げる
3.ソンテウに乗りこむ
4.目的地に着いたら天井にあるブザーで止める
5.ドライバーにお金を払う
以上です♪

ソンテウには後ろから普通に乗り込みます

ソンテウによってはルートが決まっているみたい?で
目的地を告げても無理な場合は無理と乗車拒否に合います

でもそんな場合も
次にやってくるソンテウを手を上げて留めて
目的地を告げたらOK!なんてこともザラにあるので
乗車拒否に合ってもめげずにトライしてみてくださいね (・ω・)ノ

ちなみに赤色ソンテウだったら
チェンマイ市内を大抵20バーツで行ってくれます
20バーツ≒70円

事前にいくらかを尋ねなくても相場は大抵20バーツなので
そのままソンテウに乗り込んで
目的地に着いて降りたらドライバーに20バーツ支払えばそれでOK

他にもルート固定の路線バスのようなソンテウもあり
青・緑・白・黄色などで
そちらの固定路線ソンテウは10バーツで乗れるとのこと
…ただルートもわからないので私は使ったこともありません

あ、そうそう
こないだムエタイを観に行った時
深夜12時過ぎにソンテウに乗り込んだのですが
その時は30バーツ支払いました
(cf:チェンマイでタイ国技ムエタイ初観戦!熱気&ローキックの音に)

目的地に着き20バーツをいつものように何も言わずに渡したら
30バーツだと言われたので、30バーツ支払いました
でも深夜だったからね

ちなみにシレッと20バーツ渡す時
内心は「絶対深夜料金あるよな…いくらだ?莫大なお金吹っかけられないよな?」とちょっとドキドキしてただけに
30バーツと言われ逆に安心しました 笑)

 

かなりボッタくられていた友達…

ちなみに私の友達(日本人)は
すでに何度かソンテウにボッタくられておりました

何でも相場の20バーツを知らなく
ソンテウに乗り込む前に毎回値段を聞いていたみたいで
運転手から
「50バーツだ」
「100バーツだ、なぜならこれは貸切、お前以外に客がいないからだ」

などなど
結構ボラれていたみたい

ちなみに100バーツだと
日本円にして370円ぐらい?
(今はアベノミクス円安だしね)

その友達は
「100バーツ…400円弱…それなら日本と変わらねーじゃねーか」と
ここ最近までソンテウは使わずに
旧市街へでもどこへ行くにも歩いていっていたみたいです

彼のアパートから旧市街までは片道40分
歩けない距離じゃないしね
確かに100バーツだったら歩くかも!
チェンマイ屋台2食分+アルファだもん

 

ソンテウ、なかなか乗り心地もいいもんです♪

ソンテウ、最近は慣れてきてしまったけれども
最初の頃はとっても楽しかったです♪
(…いや、今でも結構楽しいな 笑))

特に後ろにドアがないから
自分が乗っているソンテウの後ろを走っているバイクとか車とかがダイレクトに見えて
なかなか新鮮な景色だったりします
下の写真はソンテウからの景色

ソンテウからの景色inチェンマイ

晴れている日とかナイトタイムの旧市街とか
なかなかいいもんですよ (*´ω`*)

こちらはソンテウから覗く、タイではおなじみのバイク3人乗り

タイではおなじみのバイク3人乗り

最初の頃は「おぉぉー!」と感動してしまいました
小さい子ども(赤ちゃん)を抱いての3人乗りもよくありますよね!
これはいまだに「大丈夫なんか?」と思ってしまいます 笑)

こちらのソンテウには
可愛い子ども用シートが用意されておりました (*´ω`*)

ソンテウの中に子ども用のいすが

ちょっとなごみますよねー

たかがソンテウ
されどソンテウ

ソンテウinチェンマイ:乗合タクシー

まだ乗っていない方は
ぜひぜひ乗ってみてくださいね♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪