ソンクラーン初日チェンマイ:朝の托鉢(ターペー門)やお寺巡りをしタイ文化に触れてみた(チェンマイ)

朝のターペー門の托鉢の様子・チェンマイ・ソンクラーン3

ターペー門で行われる托鉢に参加してみた!人の多さにビックリ!(◎_◎;)

タイの水かけ祭りとして有名な「ソンクラーン」。今では“誰彼構わず水をぶっかけることができるクレイジーなお祭り”として世界的にも有名になっているけれども、元々は仏教的なお祭り。

基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す。また、家の大掃除も行われることがある。
近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ソンクラーン

タイ人の友達も「ソンクラーンの時はタンブン(徳を積む)したい!」「チェンマイの朝の托鉢に参加したい!」と気合いを入れていたので、ソンクラーン初日に旧市街にあるターペー門前で行われる有名な朝の托鉢に一緒に参加してみました。( *`ω´)

朝7時ごろ(眠かったw)バイクでターペー門付近に行ってみると、もうすでにすごい人が集まっていました。(警察もたくさん出動していましたよー。バイクは1日200バーツで前日から借りておきました。)

ターペー門前の広場ではすでにお坊さんのお話やお祈りが行われていて、

ソンクラーン・朝のターペー門前の様子

参加者達も真剣な表情でお話を聞きお祈りしていましたよ。

ソンクラーン・朝のターペー門前の様子2

手前に置かれているお花や食料などは、あとでお坊さんたちに渡されたのかな?

ソンクラーン・朝のターペー門・チェンマイ1

とにかくすごい人。みんな手を合わせ真剣にお祈りしております。タイはみな敬虔な仏教徒ですものねー。(そのわりにはビックリするほどにいい加減なこともしばしばあるけどw)

この時の様子は動画にも撮ってみました^^

しっかりと徳を積む(タンブン)することは来世に非常に重要ですからね。みんな真剣です。

子どももタイの正装・ソンクラーン

小さい子どもも参加していましたよー。タイの民族衣装がかわいい!!テレビカメラも何台かきておりました。チェンマイ市民の関心の高さが伺えます。

お坊さんのお話&お祈りが終わった後はいよいよ托鉢です。托鉢に備えて、お坊さんに渡す食料&お花を購入!

托鉢のためのご飯やお花は購入可能

こうやってお坊さんたちがいるすぐ側で、お坊さんたちに渡す食料やお花を買えることにちょっとビックリしました。笑

(なんでだろう・・・うまく表現できないのだけど、ちょっとした違和感も。)

購入した食料&お花はこちら。

托鉢用のご飯とお菓子

↑お坊さんに渡す食料。

托鉢用のお花・チェンマイ

↑お坊さんに渡すお花。

これで準備万端です!

あとはお坊さんたちが鉢を持って回ってくるので、鉢の中に食料とお花を入れればOK。

ただ・・・、

朝のターペー門の托鉢の様子・チェンマイ・ソンクラーン

とにかくすごい人!
お坊さんに食料とお花を渡すのだけでも大変です。笑

朝のターペー門の托鉢の様子・チェンマイ・ソンクラーン2

参加者たちはみんながんばってお坊さんが持っている鉢に食料やお花を入れていきます。

朝のターペー門の托鉢の様子・チェンマイ・ソンクラーン3

お坊さんの中にはまだ小学生ぐらいの子どもたちもたくさんいましたよー。

すぐ鉢がいっぱいになってしまうので、お坊さんのすぐ側にはスタッフがいて、常時鉢に入った食料とお花を大きな袋に取り分けておりました。

袋に取り分けられた食料たちはお坊さんだけでなく、恵まれない人々に行き渡るのだとか。(タイ人の友達曰くです。)

托鉢の様子も動画に撮ってみました^^

もうちょっとしたイベントですよね。笑

タイ人の友達の家族は毎朝(毎週だったかな?)こうやって朝の托鉢に参加しているって言ってました。普段のはもっとずっと簡素なものでしょうけどね。

普段見ることのできないタイ文化に触れることができて楽しかったです^^

 

ワット・プラ・シン(旧市街にあるお寺)でもソンクラーン

ターペー門広場で行われていた朝の托鉢に参加した後、近く旧市街の中にあるワット・プラ・シンにも足を伸ばしてみました。

水をぶったにかけます2・ソンクラーン

こちらでもソンクラーンが行われていましたよー。

僕もブッタに水をかけるべく、

ブッタにかけるお水を買います・ソンクラーンの

こちらでお水(中には花びらが入っていた)とお花をいただき(いただくときに募金しました)、

ブッタにお水をかけます

車の上に備えられていたブッタに向かって水を投げかけます!

ちなみに、向こう側からもこんな感じで

水をぶったにかけます!・ソンクラーン

水をかけている人がいるので、水が飛んでくる(水をかけてしまう)ことも。ま、そこらへんもタイならマイペンライなんでしょうねー。笑

他にもソンクラーンということで、

飾りも買います・ソンクラーン

このような綺麗なお供え物があったり、

土をお寺に返します・ソンクラーン

土があったり。

・・・土!?!?

なんで土があるの!?!?

これ、気になったのでタイ人の友達に質問したところ「お寺から出るときに靴に土がつくでしょ。それでどんどんお寺の土が少なくなっちゃうから、お寺に土を戻すためにあるよ。」とのこと。

バケツに入った土は、先ほどの飾りと一緒にお供えしてある場所に入れてあげます。

お寺に土を返します・ソンクラーン

これも立派なタンブンなんですね。他のタイ人たちもみんな真剣にやっておりました。

さて、タンブンが終わった後はまちにまった?朝ごはんです!

お寺もお祭りムード・ソンクラーン

お寺(ワット・プラ・シン)はソンクラーンということで、いろいろな出店も出ておりましたよー。雑貨のちょっとした出店もあって、フラフラ歩いているだけでも楽しかったです。( ´ ▽ ` )

以上。ソンクラーン初日、朝のタンブンでした。

p.s.

ソンクラーン初日。
ホテルがあるニマンヘミンのメイン通りではみんな水かけ合戦しておりました。笑

ソンクラーン・ニマンヘミン通り3

(↑カフェの2階から水をぶちまけております。笑)

雨も降っていないのに道路はびしょびしょ!通りには水鉄砲を持ったスナイパーがいっぱい!笑

ソンクラーン・ニマンヘミン通り2

車の荷台に乗ってソンクラーンに参加している家族・若者たちもたくさんいておもしろかったです♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪