タイの世界遺産!遺跡にさほど興味のない僕のアユタヤと水上マーケット観光記

アユタヤ遺跡・ミャンマーに攻撃され滅亡

世界遺産!遺跡にさほど興味のない僕。タイのアユタヤ遺跡に行ってきました♪

アユタヤ遺跡に行ってきました♪

自分自身はそれほど遺跡に興味はなくアユタヤにも行く気はそれほどなかったのだけれども、

「水上マーケットを見たい!」とタイ人の友達にお願いしておいたところ、

「それならアユタヤに行きましょう!水上マーケットもあるよ。」と言うので、アユタヤ遺跡に行ってみました。

(↑なんかこの文章、連れていってもらう分際で随分上から目線だな自分。笑 友達にはめっちゃ感謝してますよ!)

アユタヤ遺跡まではバンコクから北へ約80km。
車で行けば1時間半程度。・・・渋滞がなければね。笑

朝、アユタヤへ向けてまずは腹ごしらえです。

おかゆ!屋台!朝ごはんにオススメ♪

屋台のおかゆ!
これ、バンコクに来るにあたり、めっちゃ食べたかったものなんです。( ´ ▽ ` )

(上の写真のお店の人が持っているものはバトンゴーという甘くないビスケット?みたいなもの。中は空洞。これも朝ごはんの定番。)

とろっとろに溶けたおかゆ。

おかゆ!朝ごはんにオススメ!タイ料理

ごま油で味付けされております♪

これテレビのタイ特集番組で見て以来、ずーーーーっと食べたかったんですよね。

そして、食べてみて・・・、
想像通りにめっちゃ美味しかったです♪( ´ ▽ ` )

1つ40バーツしなかった気がします。・・・安くてうまい!
日本のおかゆとは違った美味しさがあります!

そしてしっかり腹ごしらえをした後は車で約2時間。
(予想通り渋滞に捕まりました。笑)

アユタヤに着きました。

アユタヤに着いたら地図看板に「日本人村」という不思議な文字を発見!
ちょっと気になったので、行ってみました。

そこはどうやら・・・、
昔アユタヤが反映していた頃に、日本人貿易商たちが住んだ場所だったみたいです。

アユタヤにあった日本人街

「アユチヤ日本人町の跡」

アユチヤ・・・って。笑

この日本人村。
ちょっとした博物館になっていました。

日本人村にあったミュージアム

日本が鎖国政策を始めた後は、ここに住んでいた日本人たちは母国に帰れなくなっちゃったみたい。

(外部からの情報が入ってきたら、日本を統治しづらくなっちゃうもんね。)

アユタヤにあった日本人村

どんな思いを持って、日本人村に住む人々は、ここ遠くアユタヤで暮らしていたのかな・・・。
(今現在でもタイまで飛行機で飛ばしても6時間半。・・・祖国を思う人々の気持ちってどんなだったのだろう。)

ミュージアム内は日本語がたくさん使われているし、紹介映像なども日本語で話されております。

もし興味がありましたらちょっと足を運んでみてはいかがでしょうか!?

日本人村で思いを馳せた後は、いよいよアユタヤ遺跡です!

とは行ったものの、アユタヤの町には所々町中にも普通に遺跡があったりします。

そんな中で友達に連れて行ってもらったアユタヤ遺跡はこちら。

ワット・プラ・マハタート!

アユタヤ遺跡・ブッダに木が生える

ブッダの頭が木の根に覆われた!
こちらのブッダで有名な遺跡ですね。
(写真を撮るときはしゃがんで撮りましょう。立って撮っていたら注意されました。)

友達曰く「首をはねられた仏像の周りに木の根が生えてこうなった。」とのこと。

アユタヤはミャンマーに攻められてその長らく続いた王朝に幕を閉じた。

その時に仏像の首はすべてはねられてしまったそうです。

アユタヤ遺跡・全てのブッダは首を刎ねられる

・・・ほんとだ!
見事に全部の仏像の首から上がない!!!

また、昔はこれらの寺院はすべて金が周りにつけられてピカピカだったみたいなのだけれども、

アユタヤ遺跡・金がついていた昔は

それも全部侵略してきたミャンマー人に奪われちゃったんだって。

日本は島国だからあまりわからないけれども、陸続きの国同士は、常に互いの侵略におびえていたのだろうね。

・・・まぁそんなこと言ったら、
日本も統一するまでは戦国の世の中でそんな感じだったのか!

そんな思いをはせながら、ぼーっとアユタヤ遺跡を巡ります。笑

アユタヤ遺跡・外国人観光客も多い

お坊さんも欧米人もアユタヤ遺跡に思いを巡らせます。

アユタヤ遺跡・ミャンマーに攻撃され滅亡

昔はどんな感じだったんだろう!?

・・・ほとんど興味がなかったのに、
なんかちょっとアユタヤ遺跡、楽しくなってきました。笑

アユタヤ遺跡・ミャンマーに攻撃されるまで栄えていた

こちらの仏像たちも、奥の1つを残して両脇にあるのはすべて首がはねられちゃってます。( ;∀;)

アユタヤ遺跡・旅行

ミャンマー人にとっては、タイの仏像はニセモノだ!ぐらいに思ったのかな?

遺跡の茶色と草木の緑。
そして青い空のコントラストがとっても綺麗でしたよー。( ´ ▽ ` )

アユタヤ遺跡・タイの古都

なかなか楽しかったです。
ワット・プラ・マハタート見学!

さて次はどこに行こう?

ちなみに友達曰く、

アユタヤにはたくさんのお寺の遺跡があるのだけれども、タイ人は1日に9つ周るんだって。

1日に9つのお寺を巡りタンブンすると、ラッキーになれるそうです!

・・・なんかすごいな。笑

これも友達が言ってたのだけど、タンブンってラッキーなお願い事とかをするみたいですよ。

厳かなイメージもあったし「家族が健康に」とか「平和な世の中に」っていうお願いをしていると僕は勝手に思っていたけれども、

「宝くじが当たりますよに」とか「彼女ができますように」とか、軽薄?なお願いをみんなしてるみたい。笑

それを聞いた時に、ちょっと笑けてきました。笑

結構軽い感じでタンブンやってるんねーみんな。

さて、

自分はそんな信仰心もないし、先ほどのお寺「ワット・プラ・マハタート」で結構満足したので、

アユタヤ遺跡・かっこいい

もう一つ(名前忘れた。w)のお寺を遠目から写真を撮って、アユタヤ遺跡巡りはおしまい。笑

次にタイで行ってみたかった「水上マーケット」に行ってみました♪

 

アユタヤで水上マーケット!…でもちょっとがっかり感が!?

というわけで、

アユタヤ遺跡を後に、アユタヤにある水上マーケットに行ってきました。

水上マーケット・アユタヤにあった

ただ、こちらの水上マーケット、僕は個人的にはだいぶがっかりしました。

というのも「観光客のために作られた」感がハンパなかったのですよね。

入場料も外国人は250バーツ…だったかな?
結構取られました。( ;∀;)

水上マーケットに来てみた・アユタヤにある

中も別に特別な感じはなく、
汚い湖の上にちょっとしたアミューズメントパークを作ってみました。・・・って感じ?
(言い過ぎかな自分?)

水上マーケット内の様子・アユタヤ

マーケットの中はこんな感じでお店はやっていたのだけれども、特に活気もなく(平日だったというのもあるのかな?)、

レストラン・水上マーケット

食堂的なものもあったけれども、

水上マーケットで食べたご飯・美味しくない

ご飯も全然おいしくなかった。( ;∀;)
タイ人の友達も文句を言っていたので、おいしくないんだと思う。笑

ボートにも乗れるよ・水上マーケット

マーケット内を水上ボートで一周できるのだけれども、

水上マーケットをボートで巡る

なんだろう・・・。
別にそんなに楽しくなかったです。( ;∀;)

作られたマーケットじゃなくて、現地の人々がガチで利用している生活感満載のマーケットに行ってみたい!

そんな風に思いました。

あ、線路のすぐ側にあって電車が目の前で通ることで有名なメークロン市場はローカル感満載で良かったですよ。( ´ ▽ ` )

タイの線路市場メークロン!目の前を電車が走る!ローカルな雰囲気もたまらない♪

2017.11.06

水上マーケットはアンパワー(バンコク郊外西部)で後日リベンジしたいと思いました!

水上マーケットの隣では像に乗れるアトラクションがありました。

像にも乗れる・水上マーケット

でも1,000バーツ以上するし、像がなんだかかわいそうに思えてきて、乗りませんでした。

日本人観光客がたくさんいたので(ってか自分も日本人観光客だけどねw)、ツアーの一部になっているのかもね!?

以上!

アユタヤ日帰り旅行でした。

p.s.

水上マーケットにめっちゃ期待していただけに、がっかり感がハンパなかった自分ですが、

帰りにタイ人の友達が買ったお菓子がめっちゃおいしくてテンション上がりました。

飴のようなお菓子・クレープで包む!タイ・美味しかったー

細い糸のような飴のようなものを、モチモチのクレープで包むこのお菓子。

めっちゃ美味しかったタイのお菓子

これ、めっちゃくちゃおいしかったです。( ´∀`)

このお菓子でテンションをあげ、さらにタイマッサージでリラックスをした後、

色々なところにマーケットがあるよ・タイ

ナイトマーケットに行き(バンコクでは色々なところでナイトマーケットをやっていますよ♪)、

パッタイが美味しかった!タイ料理

美味しいパッタイを食べ大満足!

気持ちよく寝るのでありました。

旅行において食ってとっても大切なんだなぁーと気付かされた1日でした。笑

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪