レトロ感がたまらないバーン・バンケーン博物館(バンコク)に行ってみた!昭和な雰囲気のデートスポット

確か駄菓子屋さん・バーン・バンケーン博物館

昭和な感じのレトロ感がたまりません!バンコクのデートスポット!?

タイ人の友達に誘われて、バンコクにあるバーン・バンケーン博物館に行ってきました。

最近できた博物館みたいで、昔のタイの雰囲気が人気だとのこと!

バーン・バンケーン博物館

バーン・バンケーン博物館!
・・・って書いてあるのかな?

タイ語は全く読めません。汗
アルファベットだとある程度予想がつくのだけれども、タイ語だとどうしようもないですね。( ;∀;)

博物館の周りにはちょっとしたレストランが並んでいて食べることには困らなそうでした♪

チケットは20バーツ(≒70円…安い!)
中のカフェでそのチケットがそのまま20バーツとして使えるようになっていました♪

入り口はこんな感じ・バーン・バンケーン博物館

入るとまず左手にコーラ博物館があったので、そちらに入ってみました。

コーラ博物館・バーン・バンケーン博物館

中には世界中の色々なコーラボトルが!

コーラミュージアム・バーン・バンケーン博物館

コカコーラファン・アメリカファン?にはたまらないですよねー。
他にも色々とショーケースがあり、いろんなコカコーラグッズが飾られておりました。
(僕はそれほど興味がなかったし、クーラーガンガンで寒かったので長居せず出てきてしまいました。汗)

なぜかツリーハウス・バーン・バンケーン博物館

外にはなぜかたくさんのツリーハウスが!?
タイ人の友達は「お父さんがこんなツリーハウス昔作ってくれたー。」と言ってました。

リゾート地にツリーハウスを作るのがタイ風なのかな?
ツリーハウスの中は特になにもありませんでした。

ツリーハウスの奥にはドドん!とアメ車が!

かっこいいアメ車があったよ!バーン・バンケーン博物館

一応一緒に写真撮っておきました。笑
(アメ車は左ハンドル!立つ位置間違えたー( ;∀;))

レトロな感じがたまらない・バーン・バンケーン博物館

奥に写っている建物は1回にはレトロな薬局・駄菓子屋・床屋・学校の教室などなどが並んでいて、いい感じでしたよー!

2階部分はカフェ?図書館?になっていて、地元の大学生が勉強とかしていました。

こちらは1階部分にあった駄菓子屋さん?

これは駄菓子屋さん?だったかな?バーン・バンケーン博物館

レトロ感がたまりません!

駄菓子屋さんの中に昔のテレビ・バーン・バンケーン博物館

駄菓子屋さんの中には、グルグルと回すチャンネル式のテレビが!
懐かしいーーーーー!!

ポスターとかもいい感じでしたよー。

録音機付きのラジカセ!ナショナル製!!

懐かしい録音機カセットレコーダー!バーン・バンケーン博物館

超懐かしーーーーー!!
これでテレビアニメの曲とかを録音して聞いたりしました♪

「お母さん!ちょっと今録音中だから静かにしてね!音入っちゃうから!!」

なんて言って、カセットテープに真剣に録音したものです。笑

こちらはレコード。

戸棚の中には何がある?バーン・バンケーン博物館

下にある戸棚の中の戸を開けると・・・、

戸棚の中にはテレビが!バーン・バンケーン博物館

中にはテレビが!!!!!
レトロ感がハンパないですねー。( ´ ▽ ` )

黒電話・バーン・バンケーン博物館

こちらは黒電話。
黒電話は僕の家は自分が大学に入るぐらいまで使っていました。(2000年ぐらいまで。汗)

ダイヤルが元の位置に戻るまで待つのがめんどくさいんですよねー。黒電話。

実家が長いこと黒電話だったので、ポケベルは使えませんでした。涙

小学校の教室もありましたよー。

懐かしい小学校の感じ:バーン・バンケーン博物館

こちらもなんだかとっても懐かしい感じ。
教室内に貼られている地図はタイの地図。そりゃそうか。笑

昔の学校!バーン・バンケーン博物館

日本の地図や教材とちょっと違うのも面白いです。

床屋さんもあったよ・バーン・バンケーン博物館

昔の床屋さんもありましたよー!
置いてある商品もいちいちレトロでおもしろかったです。( ^∀^)

他にもカフェがあって、

カフェもありました!バーン・バンケーン博物館

カフェは意外と大きくて、ソファー席などもあって、すごく充実していました。
20バーツチケットもこちらで使うことができます。

タイの地元の大学生がたくさんいて、流行っている感じでしたよ♪

カフェもレストランもあるし、ゆったりできるし、
ちょっとした新しいデートスポットになっているみたいです。( ^∀^)

以上!

バーン・バンケーン博物館でした。

Baan Bangkhen
24時間営業

エアアジアの発着地。
ドンムアン空港から近い場所にあります♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪