スイス6日目:①田舎町の風景を楽しむ、小さな村を散歩♪

スイス、小さな田舎村の景色

朝ご飯
こちらいつもの朝ご飯の食卓の様子なのですが
(だいたい何種類かのパンとヨーグルト ジャム、バター、チョコレートソース(←コレ好き♪))

スイスのおばちゃん家でのご家庭朝ご飯

スイスのおばちゃん家でのご家庭朝ご飯

この日は、ちょっとめずらしいものをいただきました
(上の写真でも右端に写ってるかな)

それは・・・

わさびWASABIチーズ:スイス

わさびWASABIチーズ:スイス

左の緑色をしたチーズ
これなんとわさびチーズ!!Σ(゚Д゚) (WASABIって袋に書いてありました)

おばちゃんが自分が日本人だからとわさびチーズを買ってくれ
朝ご飯にとパンと一緒に出してくれました

しかし、わさびとチーズのコンビネーションかー
お味の方は、たしかにわさびの味しました 笑)
でも鼻にツンと来るような辛さはなく、まろやかなわさびって感じ

自分は・・・正直、右のスパニッシュチーズの方が好きかな
おばちゃんゴメンよ (´・ω・`)

 

さて、朝ご飯を食べた後は、午前中おばちゃんが用事があったので
一人でおばちゃんの住んでいる村を散歩してみることに

おばちゃんの家の前の通り:スイス

おばちゃんの家の前の通り:スイス

どこの家も庭を持っていて、綺麗な花が咲いていて
いい感じです
別になんてことない通りなんだろうけれど、歩いているだけで飽きません

村にはちょっと10分ほど行ったところに、ウォーキングコースがあり
そこのウォーキングコースを小1時間ほど歩きました

スイスはどこに行ってもウォーキングコースへの標識があり
どこに行ってもウォーキングコースがあるみたい
国をあげてのウォーキング好きですね

ウォーキングコースから望む村の景色:スイス

ウォーキングコースから望む村の景色:スイス

ウォーキングコースからみた村の景色

スイス、小さな田舎村の景色

スイス、小さな田舎村の景色

のどかーな感じで癒されます
やっぱいいなースイス

おばちゃんが住んでいる家:スイス

おばちゃんが住んでいる家:スイス

こちらはおばちゃんが住んでいる家と教会
おばちゃんは仕事が牧師さんなので、教会のすぐ傍の家に住まなくてはいけないそう

牧師=仕事っていうイメージがなかったので
なんか新鮮でした

こちらはおばちゃんの家にあった記録書

過去代々の村の人々の記録が残っている本

過去代々の村の人々の記録が残っている本

この記録書には
この村に住んでいる人々の、出生と死亡記録が淡々と書かれてました

古い記録で1800年代のものも
今から200年以上も前の人の記録が残っているなんて
すごいなー

当たり前だけれども手書きなので
なんとも言えない、不思議な感覚がありました

つづく

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪