ラオス首都ビエンチャンのカフェでノマドは出来るのか!?wifiは繋がる?

aromaカフェ:ビエンチャン

ラオス首都ビエンチャンのカフェでノマドしてみた

「ラオスの首都ビエンチャンでノマドをしながら暮らすことができるのか?」

前からずっと興味があったラオスだったけれども、wifiが繋がらなければしょーがない。( ;∀;)

そもそもラオスに居心地のいいカフェはあるのかな?

それを確かめるべく、ビエンチャンに短期滞在して、いろいろなカフェに行ってみました。

結論としては・・・、

おしゃれなカフェもたくさんあったし、wifiもどのカフェでも繋がりました。( ´ ▽ ` )

ビエンチャンはここ数年外国人観光客に合わせたカフェがどんどん出来上がっているようで、ビエンチャン中心部:ホテルや安宿がたくさんある地域には、カフェも同じようにたくさんありました!

問題なくノマドは出来ると思いますよ♪

数日ラオスに滞在した中で、僕が行ったカフェの写真をちょっと載せてみました。どのカフェもwifiはバッチリ繋がりました!

AROMA CAFE

aromaカフェ:ヴィエンチャン

こちらは僕が最もよく通った韓国スタイルのカフェ。
店内は広く2階建でネットもよく通じ、ビジネスマン風の方もよく利用しているようでしたよ。( ^∀^)

地元(多分だけど)の若い学生風の人たちもこちらのカフェを利用していて、なんとなくフレッシュ?な雰囲気がありました。

aromaカフェ:お茶もおしゃれ!

ホットコーヒーを注文すると、一緒に温かいお茶が付いてくるのも嬉しかったりします♪

電源も各シートの下に完備されていて、その辺も安心でした。( ´ ▽ ` )

baguet ciken giorgii

baguet ciken giorgii:ビエンチャン

ナイトマーケットの近くで、コンビニもすぐそばにあるカフェ、baguet ciken giorgii。

店内はそれほど広くないけれどもおしゃれな感じ♪

こちらのカフェは外国人観光客が多く利用しているようでした。

Pricco(Sandwich cafe)

pricco:ヴィエンチャンカフェ

こちらのカフェは、僕が宿泊していたVホテルの通りにあるカフェだったので、朝食を食べた後にフラッと行って使わせてもらいました。( ´ ▽ ` )

cf:ビエンチャンの格安オススメホテル!メコン川&ナイトマーケット近く(シングルルーム)!Vホテル

Sandwich cafeというだけあって、美味しそうなサンドウィッチメニューがたくさんありましたよ♪

店内はゆったりとした感じです。

ネットも遅くないし、長居できる雰囲気だし、お腹空いたら美味しいサンドウィッチを食べれるし、ノマドにはオススメ♪

PARISIEN CAFE

Parisien cafe:ビエンチャンカフェ

こちらのカフェは同じノマド友達が勧めてくれました。( ´ ▽ ` )

僕は帰国日まで時間がなく残念ながら利用する機会がなかったのですが、

友達曰く「ネットも早いし人もそれほど多くないから長居できるし、オススメですよー。」とのこと。

外から見た感じもとってもおしゃれだし、今度ラオス・ビエンチャンに行く機会があったら利用したいと思います!

他・・・

ビエンチャンの名前忘れたカフェ雰囲気

他にも居心地の良さそうなおしゃれなカフェはたくさんありましたよー!

こちらのカフェは名前は忘れてしまったのですが、のんびりノマドできるいいカフェでした♪

ビエンチャンの名前忘れたカフェのwifiチップ箱

こちらのカフェではwifiはチップ制。
でもチップといっても500キープ紙幣(≒7円)とか1000キープ紙幣(≒14円)とか。めちゃ安い!

 

コーヒーやお茶の値段・相場は・・・!?

ノマドをするときに気になるのはコーヒーやお茶の値段。

ビエンチャンのカフェの相場・値段

だいたいアイスコーヒーとかで20,000キープ前後≒280円。

ホットコーヒーとかならば、もっと安く15,000キープ≒200円程度でカフェに滞在することができますよ♪

飲み物はアイスよりもホットの方が安い!
これはタイのカフェと同じですね。笑

これは余談ですが、タイと同じようにカフェの中はクーラーがガンガンに効いてます。(お・も・て・な・しですね。^^)

カーディガンなど上に1枚羽織るものがあると便利ですよー。
僕はクーラーが苦手なのでカーディガン&スカーフを巻いて対応しました。

カフェに入るときは暑いけれども、すぐに体が冷えるので、それを見越してホットドリンクを頼むのも1つの手ですよね。(ホットの方が安いしねw)

 

ホテルや屋台はタイ:バンコクの方が安い印象

ただ、滞在費:ホテルや屋台の値段をタイ:バンコクと比較すると、ラオス・ビエンチャンの方が高い印象があります。

例えば屋台に行った場合、タイだと安いところで40バーツ≒130円程度で1食食べることができますが、ラオスで130円程度で食べる場所を見つけることができませんでした。

屋台でチャーハンを食べても、

チャーハン(カオパット)ラオス・ヴィエンチャン

20,000キープ・・・確か。(≒280円)。
タイだったらこの半額程度で食べることができますよねー。

多分外国人価格に設定されているのではないか・・・と?
(わかりませんけどね。)

カフェも安い!というわけではありません。
もちろん日本のカフェと比べたら全然安いのですけどね。笑

またコンビニに売られているものはほとんどタイからの輸入品。

当然タイ国内で買うよりも高くなります。( ;∀;)

タイにもう5年以上も通っているノマド仲間は最初にここビエンチャンのコンビニに一緒に行ったときに、

「コンビニはタイじゃんw モロにタイと同じ景色なんだけどww」

と大興奮!w

そのあとに、

「あ、でも値段がタイよりもビミョーに高い。涙」

とテンション下げてました。ww

 

16日以上の滞在はビザが必要。日本からの直行便もない。

飛行機でマラッカから東京羽田に帰ります

ラオスでは15日以内の滞在ならビザなしでいることができますが、16日以上滞在したい場合はビザが必要となります。

最大30日間滞在ができるようになるビザ。
こちらは空港でアライバルビザとして簡単に購入・申請することができますが、30USDかかります。

また、日本からラオスへの直行便もなく、移動がちょっと大変&飛行機代かかります。

(僕は成田→バンコク(3日滞在)→ラオスと移動していきました。)

そう考えるとタイと比べるとお手軽に「ラオスでノマドするぞー!」とはいかない・・・かも!?

でも、僕はまだラオスには1回数日間しか滞在したことがないし、ビエンチャンだけなので本物の?ラオスを見たことがありません。( ;∀;)

またトライしてみたいと思います♪

p.s.

1個1000キープのドーナツ!めっちゃ美味しい!ラオス・ヴィエンチャン

ラオス・ビエンチャンで見つけたお気に入りの屋台。揚げたてのドーナツが食べれます♪

この屋台では、

ドーナツ1個1,000キープ≒14円!!

・・・安い!!(・Д・)

しかもめっちゃ美味しいんです♪
特に前列右から2番目においてある丸いやつは、モチモチしててめっちゃうまい!!
(モスバーガーのサイドメニューで昔あった丸いモチモチしたやつみたいな感じ。)

やっぱり他の屋台では値段設定高すぎるよなぁ。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪