近現代史がわからないので池上彰さんの本を読んでみることに

池上彰さんの そうだったのか!現代史パート2

海外に行って、ひどく痛感したこと
それは、自分があまりにも世界で起こっていることを知らなすぎる・・・

海外の友達は「世界の国々で何が起こって、今どうなっている」ということを
日常会話でもサラッとするんですよね

この間のトルコ旅行でも
バックパッカーズホステルの部屋のみんなでご飯食べに行った時

ご飯中の話題が、資本主義経済はもう行き詰まりを迎えている
みたいな話になって

ソ連の話からアメリカの話(きっと冷戦時代の話もしてたと思う)
そこから経済格差の話やなんたらかんたらになり・・・

日本もそうだろう?
10年ぐらい前に経済成長が止まってから・・・

みたいに聞かれたのだけど(その時日本人は自分一人だけだったので)
正直、資本主義や社会主義がどうやって発展していったのかとか
どのように日本も含め、他の国々に影響を及ぼしていったのかなど

全くもって、知らないし考えもしないで生きてきてしまったからね・・・
ほとんど答えられず、薄ら笑いを浮かべながらうなずくだけ

・・・恥ずかしい限りです (。-`ω-)

 

というわけで
少しずつでも勉強していこうと、とりあえず

池上彰さんの そうだったのか!現代史パート2

池上彰さんの そうだったのか!現代史パート2

池上彰さんの本を読み進めることに

この本のパート1がすごく読みやすくわかりやすかったので
続けてパート2を購入してみました

池上彰さんは、こんなバカな自分にもわかりやすく説明していて
天才ですね!

もし、近代史現代史を勉強したいのならば
池上彰さんの本、おすすめ! (・∀・)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪