治験アルバイト体験談:海外旅行の費用を稼いじゃいました♪

治験アルバイト体験談:海外旅行の費用を稼いじゃいました♪

ちょっと昔の話になるのですけれども
海外旅行の費用を治験アルバイトで稼ぎ出したことがあります

友達に誘われて参加した治験アルバイト
最初は”治験”と聞いて
「おぃおぃ大丈夫か?」
「何十発も採血されるんじゃないの?」
「寝ている間に何かされるの?」
「動物みたいに扱われるのは勘弁…」
と、かなりビビったのですけれども

実際は相当に快適な治験入院生活でした (*´ω`*)

その時の日記がこちらです
ワーホリ中に行った治験日記
(治験日記ってのもなんか嫌だな 笑))

今から4年前に受けた治験アルバイトですが
その後も特に後遺症も現れず、元気に過ごしております
(治験で飲んだ薬は3か月で体内から完全になくなると説明を受けました)

ちなみにこの時の治験アルバイトでは
1週間+事前&事故健康診断すべて含めて
謝礼金:約20万円貰うことが出来ました

1週間で20万…スゴイよね!?
しかも超怠惰な治験バイト生活を過ごして20万…
金銭感覚狂うわーと思いましたね

もしお金がないけれども海外旅行や海外生活の費用を稼ぎたい方や
ちょっと治験に興味があるけれども、もっと情報を集めたい方などの参考になれば幸いです

※私はイギリスで治験を受けましたが
日本国内でももちろん治験を受けることが出来ますよ!
治験サイトでは色々な情報が掲載されております
>>治験情報:ニューイング
>>治験参加の事ならV-NET

 

1週間の治験バイト入院生活:良かった点は…

正直この1週間の治験生活、まさに天国のようでした 笑)
かなり怠惰な生活を送らせてもらいまして
隣のベッドで仲良くなった友達とは「これ社会復帰できないんじゃないの!?」なんて
笑いながら冗談を言い合ったのを覚えております

朝の採血&血圧測定,心電図チェック以外1日中どフリー

ほんとこれに尽きます
日記を見て頂ければわかると思うのですがほんとに一日中フリーでした
(投薬の2日目を除く)

朝の採血&血圧測定、心電図チェックが終われば
今日のお勤めご苦労様!という感じです 笑)

治験で入院した病院(1フロアー)には簡単な娯楽室が用意されており
マンガやゲーム(プレステなど)がやりたい放題
ビリヤードやボードゲームなんかもありましたよ!

自分は治験バイト先で仲良くなった友達と
しょっちゅうウイイレをやっては楽しんでましたね (*´ω`*)

後は前もって他のすでに治験経験のある友達から
「治験バイト中はかなり時間もてあますから何か持ってきた方がいいよ」
と言われていたので

パソコンに入れておいた映画を観たり
持参したゲームをやったりして過ごしてました

1日,2日じゃないもんね
1週間ほぼほぼどフリーになるこの感じ
忙しい日本人、あれはなかなか味わえません 笑)

 

朝、昼、晩、3食ちゃんとついてきます

治験バイト中は、朝昼晩のご飯もちゃんとついてきます

しかも栄養が偏ってしまったら治験結果にも影響が出てきてしまうので
しっかりとした食事を食べることが出来ます

正直自分は
治験バイトをして健康になってるんじゃないの⁉
とすら思いました 笑)

ちなみに治験バイト中に出されたご飯は
正確なデータを取るために、なるべく残さず食べるようにという指示もありました
でもご飯は美味しかったし、全く問題ありませんでしたよ

 

報酬がデカい!無料で健康診断も…

治験アルバイトの最大の魅力ですよね
とにかく報酬:バイト代がデカい!
(ちなみに治験バイトは正確にはボランティアという形で行われます)

私が参加した治験アルバイトも
1週間の入院+事前&事後健康診断
これで約20万円受け取ることが出来ました

ちなみに健康診断はもちろんタダでやってくれるので
自分の健康状態を知ることもできます

 

治験アルバイト:辛かった点は…

大きなお金を頂くだけあって
辛かったことは多少なりともありました
…でも理不尽なアルバイトなどと比べるとずっと楽でしたけどね

投薬日の採血(カニューレ装着)

投薬日当日(入院2日目)はちょっと忙しかったですね
そして私はもともと血を見るのもダメな人間だったので
この日が来るのをかなりビビっておりました

入院2日目:投薬日当日の日記はこちらです
治験入院2日目(いよいよ投薬当日です・・・)

日記では痛くなかったと書いてありますし
実際にちゃんと麻酔が効いていて痛くなかったのですが
やっぱり嫌なものは嫌でしたね 笑)

ただ、このカニューレのおかげで
採血もかなりスムーズに行われ
注射で一回一回やるよりも全然痛くなかったです

治験バイトで一番嫌だったことと言えば
この2日目かなぁー

 

外出が出来ない、缶詰状態

治験バイトでの入院中は外出は一切禁止!
入院しているフロアーのみの生活でした
なので身体はなまりますね

治験入院生活3日目に
看護婦さんの監視の元、ちょっとだけ散歩に出ることが出来ましたがね
治験入院3日目(さぁハッピーDAYの始まり・・・!?)

ここの日記に書いてあるように
気分は完璧prisonerでしたね 笑)

まぁそれも
今となってはおもろい思い出です

 

好きなものが食べれない、酒&たばこもダメです

食事はすべて出されたもの以外は口にすることが出来ません

私は出された食事が美味しいと感じていたので
全く問題はありませんでしたが
治験バイトをする方の嗜好によっては
あまり好きな食事が出ない場合も考えられますよね

…まぁこればっかりはしょうがないのかな?

酒&タバコは
治験アルバイト中はダメでした

あとカフェイン接種も禁止されていたので
コーヒーが飲みたい場合は
病院で用意されているカフェインなしのコーヒーを飲みました

 

世界一周旅行者などに人気が高い治験アルバイト⁉

これは治験先の看護婦さんに聞いた話なのですけれども
世界一周旅行者などに治験アルバイトが人気らしいです

というのも
・世界一周旅行中に大きな資金を稼げる
・フリーベッド
・フリーフード etc…
いいとこ三昧なんですって!
でも確かにそれは言えてるかも

タダで3食ご飯が食べれて
タダでシャワーを浴びれて
タダでベッドを貰えて
それでいて大きなお金が手に入る!
こりゃ最高だわ 笑)

と、こんな感じの
ガラッとイメージが代わった治験アルバイト体験でした
もし何かの参考になれば幸いです (・ω・)ノ

※私はイギリスで治験を受けましたが
日本国内でももちろん治験を受けることが出来ますよ!
治験サイトでは色々な情報が掲載されております
>>治験情報:ニューイング
>>治験参加の事ならV-NET

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪