世界一周旅行中率が高いインド。常識や価値観って何だろうと思った今日この頃

インドバラナシの安宿からの夕焼け

ここインドに来てビックリしたことの一つ。

世界一周中の人たちの率が高すぎ!(‘Д’)

もしかしてインドという場所がらなのか、
ホーリー祭りという時期がらなのか、
はたまたたまたまなのか、

よくわからないけれども、
とにかく世界一周中の人たちが多くてビックリしました。

インドバラナシ:ガンジス河の夕焼け

70パーセントぐらいの人たちが、
「今世界一周中で、次は○○に行く予定でー」
なんて話してたものね。

いいなぁー。

ちなみに年代もこれまたバラバラな感じで、
20代が一番多かったけれども、

同じ20代でも、
大学を休学して来た人もいれば、
ちょろっと働いて、お金を貯めて来た人もいるし、

ガッツリ働いて、20代最後に…、
という人もいました。

そして・・・30代もいましたよ!
なんか嬉しくなっちゃいました。

その方は最初は20代後半ぐらいに思ってたのですが、
年を聞いたら34歳。
自分とほぼ一緒!!

会社を辞めて、世界一周中なんですって。

いいよねー。
しかもカッコイイし。
憧れてしまいました。

さらに世界一周中じゃないけれども、
40代の方もいました。

その方は3か月ぐらい東南アジアを周遊中で、
まだまだ旅を続けるみたい。

この東南アジア周遊前は、
10年弱、海外で駐在員として色々な場所で働いていたとのことで、
その前は世界一周をしたって言ってました。

なんか…すごいですよね。

旅好きってオーラが、
ハンパなかったです。

 

今まで何度か海外旅行をしてきたけれども、
こんなにも世界一周中の人に会った旅行は初めてで、

なんだかすごく新鮮で、不思議な感じがしました。

だって

ここでは世界一周中の人たちが大半で、
自分のようにちょろっとインドに来ましたは少数派。

おもしろくないですか?!

世界一周って聞くと「スゲーーー!」って思ったし
壮大で難しいイメージがあったけれども、
ここにいると全くそんな感じしないものね。笑)

なんか
「簡単にできちゃうんじゃん?」って、
「楽しそうだしやっちゃおうか?」って
そんな感じです。

さらに日本にいると、
仕事に行かずにフラフラしているのは悪と考えられるけれども、

ここインドの安宿だと、

昼間まで寝てても、
夜遅くまで遊び倒してても、

旅を楽しんでいるという意味においては、
むしろ善とすら考えられるものね。

そんな中、思ったことは、

常識とか価値観とかって、
その環境において激しく変わるなぁーと、

そうなると、
そもそも周りが作り出す常識とか価値観って、
そんなに深い意味はないのかな?と。

そう感じました。

また、インドの安宿で
自分の心が、また違ったベクトルに動いていくのを感じて、

周りの人たちや環境から受ける影響ってスゴイな。
いい環境(=自分がいいなと思う環境?欲する環境?)を探し続けたいな。

インドバラナシの安宿からの夕焼け

そんな風に感じた、
今日この頃のインドでした。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪