ハンガリー6日目!ブダペスト空港へ、道中共産主義時代の建物が

コミュニズム時代の建物:ハンガリー

今日はハンガリー最終日
朝ご飯を食べた後、トルコ イスタンブールに向かうためにブダペスト空港へ

友達にブダペスト市内の地下鉄の駅まで車で送ってもらうことに

ブダペスト市内に入ると、村ではあまり見かけることのなかった
共産主義時代に作られた、無機質なボックス型の建物
あちらこちらに

ブダペスト市内に向かう道:ハンガリー

ブダペスト市内に向かう道:ハンガリー

これらの建物を作るために
歴史的な建物がいくつも破壊されたとか

ブダペスト市内にある、共産主義時代の建物

ブダペスト市内にある、共産主義時代の建物

ハンガリーの他の家々とは全くテイストが違う
共産主義的な建物のいでたちに

共産主義時代の建物:ハンガリー

共産主義時代の建物:ハンガリー

なんとも言えない雰囲気があります

もともとはこれらの建物に色なんて着いてなかったらしく
共産主義支配が終わった後に、何とか景観をよくしようと
カラフルに塗り替えられたと友達が話してくれました

共産主義時代に作られた家々:ハンガリー

共産主義時代に作られた家々:ハンガリー

やっぱり東ヨーロッパは
西ヨーロッパにはない独特な雰囲気がありますよね

友達にはブダペスト市内の地下鉄の駅まで送ってもらって
そこから空港までは、地下鉄→バスで約1時間ほど
(地下鉄 350ft≒175円 バス 450ft≒225円)

地下鉄のチケットは、駅の売店みたいなとこで購入

ハンガリー、地下鉄のチケットを購入

ハンガリー、地下鉄のチケットを購入

写真に写っている売店で買いました
友達が教えてくれなかったら、きっとわからんかったな

さて、地下鉄なんですけど
ハンガリーの地下鉄もきっと共産主義時代に使われてたであろうと
独特の雰囲気をかもしだしていました

ハンガリーの地下鉄:共産主義の時代観がなんとなく・・・

ハンガリーの地下鉄:共産主義の時代観がなんとなく・・・

個人的には、全く共産主義に憧れはないのですけれども

ハンガリーの地下鉄の写真

ハンガリーの地下鉄の写真

この無機質な感じの地下鉄に
なんとも言えないパワーを感じ、写真を撮ってしまいました

ブダペストの地下鉄:ハンガリー

ブダペストの地下鉄:ハンガリー

ちなみに動画も

ハンガリーのバスも
共産主義時代に走っていたバスをそのまま使っていて

こちらも無機質で何とも言えないパワーを感じます
今回は写真撮ってないけれど・・・ 撮ればよかった

と思ったら
前回の旅行の写真があった

ブダペストの市内バス:ハンガリー

ブダペストの市内バス:ハンガリー

たぶん赤い色は後から塗り替えられたんじゃないかな?

今回のハンガリー滞在最後に

ココナッツジュース:ハンガリー

ココナッツジュース:ハンガリー

空港でココナッツジュース
(emotionってなんかエロティックな品名だな 笑))を買って

ハンガリーを後に、トルコ、イスタンブールに向かうのでした

本当にお世話になりました
感謝の気持ちでいっぱいです・・・
(いやほんと、完全に甘えちゃいました)
今度は友達が日本に遊びに来てくれたらいいなー

イスタンブールに着いた後の日記はこちら→

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪