外国人の友達と江の島観光!海にはしゃぐ,夜はキノコに…

江の島が見える海岸をのんびり

モノレールで江の島へ!海にこんなに喜んでくれるとは…

外国(スイス)から友達(名前:ファビ)が遊びに来て5日目
(cf:今回のガイド旅行の記事一覧)

鎌倉は2日目
昨日は自転車でプラプラお寺巡りをしたので
今日は江の島に足を延ばしてみることにしました!

まずはお世話になっている
鎌倉ゲストハウスさんの最寄駅から
(ちなみに鎌倉ゲストハウスさん、めちゃ良かったです!)
湘南モノレールに乗って江ノ島駅に行きます

湘南モノレールに、外国人は感動するかも!?

湘南モノレールに、外国人は感動するかも!?

ちなみにこの湘南モノレールに
友達ファビは結構食らいついていました!

別に鉄道マニアでも何でもない普通の(ちょっと気の強い)女の子だけれども
写真を撮るほどに食らいつくことに面白かったです
このつりさげ式(というのかな?)のモノレールは珍しいみたいで
楽しんでいました

さて、江の島駅に到着して
ちょっとした江の島に続く小道を歩くこと5分
見えてきました江の島!

友達ファビは江の島よりも
海!が見えてきたことに嬉しいみたいだったので
海岸に行ってちょっとのんびりすることにしました

江の島が見える海岸をのんびり

江の島が見える海岸をのんびり

自分は海沿いの町で育ったこともあり
海は見慣れているけれども
友達ファビはスイス(海なし国)で育ったから
海はすごく嬉しいみたい!
結局この海岸で30分以上のんびりしたかな

友達ファビは海岸に落ちている貝殻を拾ったり
石を拾ったりして、遊んでいました

外国人友達ファビが海岸で拾った石たち…

外国人友達ファビが海岸で拾った石たち…

さらに、友達ファビ曰く
ここの(日本の?)海岸は彼女が観てきたものと違うらしく
「なんでここの砂は黒いの?」
「なんでここの石はこんな形(ゴツゴツや穴がある)してるの?」
とめっちゃ質問を浴びせてきました

…そんなん、わからん (。-`ω-)

そう言われれば、ヨーロッパのビーチはもっと色が白かった
…ような?
「you know…日本は火山が沢山ある国だからだよ…maybe?」的なことを適当に言い
その場は逃げましたけど
ほんとそういわれれば、なんでだろ?

でも、友達ファビが海で楽しんでくれて
よかったよかった (*´ω`*)

 

江の島の中へ入っていきます、神社に展望台にエスカーに…

さて、海岸での貝殻&石拾いを楽しんだ後は
いざ江の島内部へ入っていきます

江の島の中へ入っていきます…すごい人

江の島の中へ入っていきます…すごい人

やっぱり春休み真っ最中ということで、すごい人
人混みに慣れていない友達ファビは
これにはちょっとウンザリしていました
(でも日本ってこーゆーものなのよー)

それでもここの写真の通りには個性豊かなお土産屋さんがあり
色んなお土産を見て楽しみながら
上へ上へと歩いていきました

途中から現れるエスカーには
「こんなとこにまでエスカレーターがあるなんてちょっと信じられないわ」と
半ば呆れている感じでしたけどね
(スイス人はハイキング&自然好きな国民性だからかな)

そんな感じで頂上に着いては
せっかくなので、江の島の一つのシンボルの展望台(江の島シーキャンドル)に
昇ってみることにしました!

江の島シーキャンドル:江の島のタワー展望台

江の島シーキャンドル:江の島のタワー展望台

上からの眺めはなかなか良かったでしたよ

せっかくなので
展望台に昇った後は、江の島の裏側にも行ってみました

途中には桜がキレイだったり
神社があったりと

江の島には沢山の神社がありました

江の島には沢山の神社がありました

ふらふら見物しながら
江の島の裏側へ到着!

裏側は岩場となっていて
上に降り歩くことが出来るようになっていたので
朝から歩き続きで疲れていることもあり
そこでちょっと日向ぼっこをしながら昼寝をしました

友達はやっぱり海が珍しいので
東宝映画の最初のオープニングさながらの波しぶきを撮ったりして
遊んでました

外国人の友達が撮った波しぶき

友達ファビが撮った波しぶき

と、こんな感じで江の島観光を楽しみました

江の島観光の〆は
入口に沢山並んでいる露店
こちらも友達ファビにしてみれば、珍しい光景だったみたいです

江の島の露店で食べた大アサリ

江の島の露店で食べた大アサリ

こーゆーとこのものって凄く美味しく見えるんですよね!
実際おいしいし…

というわけで
せっかくなので、大アサリを食べてみることにしました

やっぱり見た目が見た目だけに
(自分ら日本人は食べ慣れているけどね)
最初、友達ファビは「恐い…」と言って躊躇していたけれども
美味しいと言って食べていました
(よかったよかった (*´ω`*))

 

夜はすき焼き&しゃぶしゃぶにトライ!キノコに…

夜ゴハンは昨日と同じく
藤沢に住んでいる自分の日本人の友達と合流し
外国にはこの料理はないだろうということで
すき焼き&しゃぶしゃぶ(すきしゃぶ)を食べに行きました

外国にはない料理かな?すき焼き&しゃぶしゃぶ

外国にはない料理かな?すき焼き&しゃぶしゃぶ

友達ファビは日本で苦手な食べものも結構あったけれども
このすき焼きとしゃぶしゃぶは
沢山食べていました
(よかった よかった(*´ω`*))

特にすき焼きは
スイスにも同じような料理があるみたいで
おいしい!と言って食べてくれました♪

…ただ、自分の日本人の友達が
「すき焼きを食べる時は、生卵をソースとして使うんだよ」と説明し
目の前で食べ方を見せたときには

「ノーーーーーーーゥ!」と言って
超嫌がってましたけどね 笑)
(最初何が起きているのか、わけわからんって感じでしたよ)

日本人って生卵を食す数少ない人種みたいで
生卵を食べることは外国ではあり得ないことみたい
(スイスの軍隊では罰ゲームで食べるって言ってた)

この旅行中、何でもとりあえず挑戦していた友達ファビだったけれども
さすがにこの生卵はトライしませんでしたね
…自分ら日本人は
朝っぱらから、米に納豆と生卵ぶちまけて食べてるよって知ったら
どういう反応したかな? 笑)

ちなみに友達ファビが今回の料理で食らいついたのは

沢山種類がある日本のキノコ

沢山種類がある日本のキノコ

キノコ!

スイスではこんなに沢山の種類のきのこがないみたいで
(確かに他のヨーロッパの国に行った時も見なかったな)
「何これ?マジックマッシュルーム!?」(麻薬のようなもの)
とめっちゃ笑ってました

写真もバシャバシャ撮って
スイスの友達にも送ってましたもんね 笑)
まさかこんなところで興奮するとは
おもしろかったですねー

ちなみに、この日は鎌倉ゲストハウスが満室ということで
こちら

鎌倉はせユースホステル

鎌倉はせユースホステル

江ノ電長谷駅から徒歩3,4分
鎌倉はせユースホステルさんにお世話になりました

つづく…

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪