海外プリペイドカード:キャッシュパスポート手数料は高い?安い?

トラベレックスのカード(イギリスポンド用)

大手トラベレックス社のキャッシュパスポートはお得か?

トラベレックスのカード(イギリスポンド用)

トラベレックスのカード(イギリスポンド用)

日本で入金(チャージ)したお金を
現地海外ATMで現地通貨を引き出せることが出来ると
とっても便利なキャッシュパスポート!

海外旅行する方にはもちろん
現地に留学や海外赴任で長期滞在される方にも
日本で家族や友達にお金を入金してもらい
それをそのまま引き出し、使うことができるので
かなり重宝されているこの”キャッシュパスポート”

実際に私もイギリスにワーキングホリデーに行った時には
このキャッシュパスポートを使用していました
ホームページにも安い!お得!とうたっているし

ただ、その手数料は
調べてみると意外と高いものでした

 

実は高かった、キャッシュパスポートの手数料

キャッシュパスポートを使用するのにかかる
総額の手数料をザックリと割りだしてみると

・入金手数料 1%
・現地ATM出金手数料 約200円(通貨によって違う)
・為替手数料 4%

つまり最低5%の手数料がかかっているということになります

さらにもし1年間カードを使用していない場合
13か月目からは、1か月に付き150円の管理料を支払わなくてはなりません…

ちなみに国内銀行や両替所では約3%
海外クレジットカードショッピングでは約1.6%の手数料となっているので
これと比較すると
キャッシュパスポートの手数料はかなり高額と言えるでしょう

ただ、現地ATMでサクッと現地通貨を手にすることが出来たり
クレジットカードを使えなく、どうしても現金が必要な場面では
こういった海外プリペイドカードはかなり重宝されます

 

手数料0.8%とお得なマネパカード!

そこでオススメなのが
同じく海外プリペイドカード:マネパカード

マネパカードの手数料は約0.8%と
一般的に一番安いと言われているクレジットカードの1.6%をしのぐ安さ!
(現地ATM出金手数料 約200円(通貨によって違う))
(クレジットカードの場合はポイントが付くから、それで安くなる場合もありますが)

もちろんキャッシュパスポートと同じように
保険やサポートなども充実しております
・入会金&年会費無料
・24時間365日サポートシステム
・カードショッピング保険適応
・不正利用防止システム
・盗難にあった場合もネットや電話で簡単に止めることが出来る

海外プリペイドカードを一枚ということでしたら
マネパカードが他の海外プリペイドカードと比較しても
為替手数料など一番お得になっています
・マネパカード 0.8% (+出金手数料 約200円)
・NEO MONEY 5% (+出金手数料 約200円)
・MONEYT GLOBAL 4% (+出金手数料 約200円)
・VISA TRAVEL MONEY 4% (+出金手数料 約200円)

もし海外プリペイドカードを検討中ならば
ぜひオススメですマネパカード


>>マネパカード

クレジットカードとは違い”プリペイドカード”ということで
審査もなく、カード作製への手続きも
ホームページに入力することたったの5分
16歳以上であればどなたでも作れるのも魅力的です
留学生などにも嬉しいですね (*´ω`*)

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪