ブリストル観光:パブで名物サイダー飲み、ダンス♪

ブリストルサイダー:イギリス

日中のブリストル観光の後は
夜は友達とその友達たちとパブに行くことに

イギリスでは飲み屋に行っても
日本みたいにご飯を食べながら飲む、という感じがないから
安く済むので助かってます☆

大体ビール1杯3ポンドぐらいで済むもんね
しかも自分はお酒に弱いので、1日パブにいても1000円かからないという・・・笑)

 

ここブリストルではサイダーが有名らしいので
サイダーを注文

ブリストルサイダー:イギリス

ブリストルサイダー:イギリス

ただ「サイダー」と言っても日本の三ツ矢サイダーとは違って
アルコールが入った飲み物です
炭酸入りのリンゴ酒なのかな

酸味があって、なかなかおいしいですよ
アルコールは5%ぐらいなのかな?
自分にとってはこれで十分、酔っ払っちゃいます (●´ω`●)

 

さて、友達とサイダーを飲みながら
とりとめない会話をしていると

ブリストルのパブ:ミュージシャンが

ブリストルのパブ:ミュージシャンが

ミュージシャンたちが曲を弾き始めました

とっても軽快な音楽で
アメリカの古い時代の・・あ、そうそうカントリーミュージック!

カントリーミュージック
アップテンポな感じでいいですよね♪
自分は大好きです

 

そんな感じで、カントリーミュージックいいなーと聞いていたら
一緒に飲んでいた友達の友達(南アフリカ人:白人)が

「カントリーミュージックってアメリカの白人たちが作った曲で」
「他の民族はいらないっていう意味が込められた音楽なんだ・・・」

と教えてくれました
そうなんだぜんっぜん知らなかったわ

日本は基本単民族国家だからね
音楽にはそれぞれ色んな意味がこめられてるんだね
こんな明るい曲調なのにねー

ちょっと考えさせられました

 

 

でも酔っ払っていたのもあり、考えたのはちょっとだけで

やっぱり楽しいなーと聞いていたら
だんだんと周りも盛り上がってきて

いいねいいねーこの感じと思っていたら

お客さんたちも自分たちでテーブルを動かして
ミュージシャンの前にスペースを作って勝手に踊り始めました

すごいですよねこの感じ 笑)
日本ではまずないですよねー

いや田舎の飲み屋とかではあるのかな?
自分は中途半端な都会育ちだからなー

 

さらにさらにパブは盛り上がっていき

イギリス:ブリストルのパブ 盛り上がるみんな

イギリス:ブリストルのパブ 盛り上がるみんな

みんなすごい楽しそうに踊ってました

自分も友達に誘われ、最初はちょと恥ずかしかったのですが
輪の中で一緒に踊りました

そしたらチョーーーーーーーー楽しかった!(●´ω`●)

ダンスも最初はみんなバラバラで適当に踊ってたのに
最後は手を取りあったり
電車?みたいに一列になって踊ったり
もうわけわかんなかった 笑)

いいないいなーーーーーこんな日常!
超うらやましい!

ちなみにこの日は平日
地球の反対側では、平日からみんなこんな風に踊って楽しんでいるんだ・・・
超うらやましい!!

日本の居酒屋とかでもこんな感じで
いい感じの音楽がどことなく流れてきて
みんなで踊り狂えればいいのに

会社の愚痴とか言いあっているより、100倍楽しいでしょ!??

 

そんな感じで
ブリストルのパブの夜は更けていきました

結局1時過ぎぐらいまでいたのかな?

楽しかった~♪

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

あっき

2009年:28歳の時に、NZへ1年間、さらにイギリスに3年弱のワーホリ&海外ボラ生活に挑戦。日本に帰国後はフリーター生活をするも、自分の求めている人生とは違うと感じ、自分の力で生計をたてていくことを決意。現在はアフィリエイトを中心にノマドしながらフラフラと生きています♪